2015年10月14日

二水会

                小諸吟行句会
       先日の小諸虚子記念館、懐古園、白糸の滝の吟行句会の日。
       吟行翌日から取り掛かり宿題の10句を何とか纏めることが出来た。

       DSCF1923.JPG

       DSCF1891.JPG

       1 秋冷の日は燦燦と大浅間      
       2 たもとほる小諸与良町秋日和
       3 秋気澄む磨きこまれし鏡石  (懐古園)
       4 秋声や虚子墨痕の一字より
       5 敷石は虚子の歩幅よちちろ虫
       6 差し掛かる信濃や木々の肌冷えて
       7 秋瀑と言ふも水音衰へず
       8 白菊に仄かなる紅虚子旧居
       9 行く秋の欅大樹に耳寄せて
      10 初冬の松の影濃き天守台   (懐古園)

        2の句、下五の秋日和を「秋うらら」に、4の句の上五は秋声より「秋の声」に
        6の句の上五の差し掛かるを「これよりは」にした方が良いとの指摘あり。
        苦手な吟行句、それぞれに納得の点数を得て無事終了(ふぅ〜ぅ)。
       
posted by ふきのとう at 20:10| Comment(6) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする