2015年10月18日

中学生の俳句

                   お耳汚しな話
     市主催の「富士山少年俳句大会」で大賞を頂いたと言う陵の表彰式が昨日あったようだ。
     大賞についての感想を挨拶文で述べることになり、引率の母親は驚いたようだ。
     以下は陵の原文である。

     このたびの大賞に選んでいただき有難うございました。とてもうれしいです。
     この俳句は母の実家に帰省した時に作った俳句です。**市よりももっと田舎で
     窓の外を見ると田んぼと空しか見えない場所で、座敷に寝転がりながら見たままそのままを
     俳句にしました。
     この五七五には空とつばめしか出てきませんが、ぼくがこの俳句にこめたふる里と言うのは
     ただ単に場所だけではなく、大きな病気をして退院したばかりの祖父がいたり、良くしゃべる
     祖母がいたり、きょうだいや両親もいる風景です。
     この俳句の受賞を回覧板で見た近所のおばさんは東北の空を思い出したと言っていました。
     このように十七文字をもとに、人それぞれいろいろ想像できるのが俳句のおもしろさだと思います。
     先日定期テストの自己反省を書くプリントに反省コメントを五七五で書いてみました。
     たとえば数学は「数学を甘くみてたらこの結果」社会は「誤字多し、知識も多し点低し」
     理科「点数を見ても見ぬふりしたくなり」そして「今回はCが出てきていとかなし」これは英語です。
     これは俳句ではありませんが五七五のリズムを使って限られた文字でありのままをこんなにも
     伝えることができるんだなと自分で自分の十七文字に感心してしまいました。
     今回のように中学生も小学生も俳句を作って、俳句と言うものは誰でも始められる気軽な
     表見方法だと思いますが、逆にいざ俳句を考えてみると知らないことも多く、こんなものも季語かと
    学ぶところも多い俳句ですが、リズム感のある五七五で普段から気持ちを表現してみると俳句も
    上達するかもしれません。
    この受賞を機に俳句をもっと身近なものにして、見たままそのままを表現してみたいと思います。
    有難うございました。
       (想定外の定期テストの反省文には母親も冷や汗ものだったと言う。)

    ここに至る直前「感想を述べなければならないけど、お母さんが俳句をしていること、言っても良い?」
    と娘から打診があったが「添削したと思はれるのは御免だから」と断った。
    受賞句は「ふる里の大きな空につばめくる」だと言う。
    投句前に知らされていたら「類想、類句あり」で投句しないように注意したに違いない。

    選者もそのようなことを仰ったようで、親子共々気にしていたので、選者の選評は最もであるが
    中学生に自分の俳句に類想、類句が有るなど、考える余地もないのだから仕方のないこと。
    選者もそれを踏まえて取り上げてくれたに違いないからと慰めておいた。

    DSCF1843.JPG
    
posted by ふきのとう at 09:01| Comment(14) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする