2015年10月25日

障子

                 切貼り
       畳の縁に躓いたりすることもしばしば、障子の開け閉めの時の
       不注意もあったりで障子に幾つかの穴を作ってしまった。
       夏は網戸にするため目立たなかったのだがこれから冬にかけて
       最も日当たりのよくなる和室、破ってしまった部分を切り貼りすることに。
       小さな穴も含めて七か所の切り貼りをした。上下の和室に計26本の障子があり
       内4本は雪見障子だから厄介だ。と言うも毎年年末の行事のように夫が貼り替えてくれた。
       今年は体調も気遣って切り貼りで済ませることに。

       DSCF1936.JPG

       白き花散らす切貼り障子かな    ふきのとう
       切り貼りの障子木の影鳥の影    ふきのとう
       切り貼りのそこだけ白し夕障子   ふきのとう
       亡母呼べは応へありそう白障子   ふきのとう
       障子古る影絵の狐鳴きし夜      ふきのとう
       切り貼りて障子三枚整ひぬ     ふきのとう

     * 即吟6句、推敲すれば投句できるや否や.....。
       
posted by ふきのとう at 10:49| Comment(10) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする