2015年11月12日

やれやれ!

               玄関の壁お風呂のリホーム完了!
       先月の26日から始まった玄関の内壁とお風呂のリホームが昨日で無事完了した。
       自身が何をするでもないのにひどく疲れてしまい、脱力感に襲われる毎日だった。
       午前と午後、職人さんたちにお出しする茶菓にも少しではあるが気も使う。
       熱いお茶?それとも冷たいほうが良いかしら?甘い物?それとも辛いもの?等々.....
       折角だから少しでもお口に合うものをと、取り越し苦労ばかり.....
       そんなこんなで17日間、私には想像以上に長い時間を過ごしたのだった。

       DSCF1995.JPG

       経年使用によるアルミのドアの劣化と床の傷み、タイルの罅も解消した。
       使い勝手に慣れるまで時間が掛かりそうだが数か所に付いた手摺は最初から役立った。
       全体に白色系の風呂場、綺麗にしておくには大変な事だと感じた。

       DSCF1998.JPG

       狭いながらも玄関の壁も新しくなりほんの少しではあるが気分も新たに。
       他人様には介護保険を使うよう勧められたが、夫も車にも乗れるようになったことだし
       リホームの動機が「お風呂の傷み」から始まったのだから介護保険は適用しなかった。
       これからの日々、上手に暮らせば保険で出る補助金ぐらいは何とかなるに違いない。
       貧乏人の割にはこの辺の箍が緩めの夫婦だと思ったのだった。

       
posted by ふきのとう at 09:56| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月02日

二度目の文化祭

                健の学校へ
      去年と同じ健の学校の文化祭を参観した。
      お風呂のリホームも未だ完成せず、何をするでもないのに疲れているのだが
      明日の事は解らない年齢もあって「行ける時に行こう」と夫も言う。
      そんな訳で娘たちと合流し目白台へ。

      陶芸、木彫、家庭科での作品が昨年より多く展示されていた。
      手提げはミシン縫い、マフラーは指編みという。どの作品にも健らしいコメントがあり
      家庭科の授業の一部を垣間見ることも出来た。
      手提げには「真っ直ぐ縫えていて驚きました。今度来る時はこの袋に溢れるくらいの
      おやつを入れてきて下さい」マフラーには「指編み今度教えて下さい。この冬はこの
      マフラーの活躍で温かく過ごせますね」等々メッセージノートに祖母馬鹿まるだしのコメントを残した。

      眼を神に預け来し子よ秋さくら   ふきのとう
      

      DSCF1958.JPG

      DSCF1954.JPG

      DSCF1973.JPG

      午後の音楽発表会の器楽部の演奏はアンコールの声も高く何回も応えた。
      祖父の影響で陶芸クラブに属していたが器楽部の先輩に誘われて津軽三味線での参加。
      ルパン三世など私達も楽しめた。
      
      
      
posted by ふきのとう at 09:11| Comment(6) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする