2016年02月09日

誘われて

              友人の散歩道
       午前9時、友人から電話があり「今何してらっしゃる?」
       「台所にいるの、厳密に言えばミキサーを使っているの」と私
       「あんまり良いお天気だから、散歩に誘おうかと思って」とのこと。
       この手の話はほっとけない性分だ。「行きます、いきます」のふたつ返事。
       早速出掛けた。友人の家は茶畑の只中に在し、私の家から3キロほどある。
       「私のいつもの散歩道を案内するわね!」と言はれ、上り坂下り坂併せて3Kほどの
       いつものコースを案内してもらった。「ここは以前みかん畑」「この坂道には
       初夏になると捩木(ネジキ)が咲くの」「テイカカヅラじゃなくて捩木なのね」
       「この斜面にはツリガネニンジンがいっぱい咲くのよ」「あっ!野老だ!」
       友人も私も雑木や草花が大好きなのだ。それゆえ、似たような木々お互いの家の庭木となっている。
       そんな雑談の途中に判明の付かない木が有り「ナギ?いやクスノキ?」背の高い友人が
       すぐさま葉の1枚を揉んで「クスノキだわ」と言った。
       クスノキほど解りやすい木は無いのに、北風に煽られた所為か、艶やかさの欠片もない。
       「植物の名前を即答すると信憑性に欠けるわね、少しは考える振りもしないと」と私が言うと
       友人が不思議そうに「どうして?」と聞くので以前の苦い経験を話したのだった。
       たまたま私の知っていた草花の名前を次々と即答したばかりに「それ、本当なの?」と
       同行の知人に言はれたことが有った。テイカカズラやトコロ、サワフタギ、ゴンズイなどが
       本名を疑われることが非常に多い。

       DSCF2163.JPG

       DSCF2160.JPG

       富士見ゆる坂佐保姫に背を押され     ふきのとう
       佐保姫に背を押されゆく切り通し     ふきのとう
       唐突な風来て枯葉打ち鳴らす       ふきのとう  
       
       <木の芽打ち鳴らす>では良くないだろう、立春を過ぎての冬季だが仕方がない。
       
posted by ふきのとう at 15:01| Comment(8) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月03日

節分

                 用意出来ました
        知り合いから火入れ前の殻つき落花生を頂いてあったので殻を剥き
        フライパンで炒る。大豆も1カップほど炒り、半分を醤油豆にした。

        DSCF2157.JPG

        5合升に落花生と炒り豆、動物ヨーチを入れて今夕の豆まきに備えた。
        以前、俳人の水原春郎先生と同席の機会を得た時「僕は動物ヨーチが子供の
        頃から大好きで今でも良く食べるんだよ」と言はれた。
        水原先生が子供の頃と今と味は変はりは無いとも言っておられた。
        店頭で動物ヨーチを眼にするたびにこの時の水原先生の温顔を想い出す。
        子が父に合はす連弾風光る    ふきのとう
        上記の句が水原先生の特選となり、懇親会の折に同席する機会を得たのだった。
        俳句に対する当時の意気込みも近頃薄れ気味である......。

        豆撒くや鬼千匹の時代あり      ふきのとう

        季語の節分の鬼から、かつて小姑だったころを想い出したのだった。

        節分の子鬼わんさか園のバス     ふきのとう
        次つぎに子鬼降りくる園のバス    ふきのとう

        折しも我が家の玄関側の道路に幼稚園のバスが止まり
        降りる子はどの子も鬼の面を付けていたのだった。

posted by ふきのとう at 17:10| Comment(6) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月02日

旬の鰯

               鰯を干す
      鰯は鮮度の衰えが他の魚より早いという。
      魚ヘンに弱いと書くのはその為かは知らないが、鰯の旬は今である。
      マーケットで一尾50円と言う値段につられて15尾買った。
      早速家に持ち帰り、開いて濃いめの塩水にくぐらせ干した。

      DSCF2152.JPG

      DSCF2153.JPG

      猫と言はれる割には硬干しが好きだから2日ほど干して冷蔵すれば、暫く楽しむことが出来る。
      味噌汁と漬物に鰯の塩焼きが有れば朝の食卓には充分だ。

      鰯干す白身魚に目もくれず     ふきのとう

      鰯は7回洗えば「鯛」の味がすると言うが、開いた後流水でサッと洗っただけだ。

posted by ふきのとう at 14:00| Comment(2) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする