2016年03月09日

日本平動物園

               俳句吟行
       吟行で動物園へ。いつも好天に恵まれる吟行があいにくの雨。
       園内は人もまばらで気のせいか動物たちも精気に欠ける。

       DSCF2240.JPG

       屋内でこの白熊だけが元気に水中から顔を出したり沈めたりしていた。

       DSCF2246.JPG

       ぽつぽつの雨も次第に強くなり、写真を撮るのは無理だった。
       予定を切り上げて昼食を済ませ帰路へ。14日の句会に10句提出しなくてはならない。

       退屈そうな檻のライオン木の芽雨     ふきのとう

       <退屈な檻のライオン木の芽雨> 字余りは避けられるが果たしてライオンが
       退屈か否か 詠みての想いの「そうな」がやはり必要になる。

       

    
       
posted by ふきのとう at 18:15| Comment(9) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする