2016年04月29日

充実の数時間

               好きが高じて
       友人に勧められて喫茶「椿」へ、昨日は友人と、そして今日は連れ合いと。
       珍しく喫茶店のはしごである。喫茶店と言ってもランチも可能である。

       DSCF2445.JPG

       DSCF2447.JPG

       DSCF2446.JPG

       DSCF2448.JPG

       初めてお店の前に立った時、勧めてくれた友人好みだと実感
       店内もそれなりであろうとワクワクする。 果たしてその通りであった。

               寄り付きの大きな花器には季節の花が溢れていた。
     
       DSCF2452.JPG

       住まいと茶房を兼ねた店内は上品な家具が配され、オーナーの蒐集品も趣味良く飾られている。

       DSCF2450.JPG

                ハンバーク

       DSCF2457.JPG
                サンドイッチ
       実は昨日、私はハンバーグを頂いたので本日はサンドイッチを。

       DSCF2458.JPG

       
       ハンバーグにはご飯とスープが添えられドレッシングも美味しいが
       ハンバーグそのものが実に美味しく出来ていて、ちかごろ少食になった
       連れ合いはには少し多めの気もしたが、何と完食してしまった。
       ハンバーグ(要予約)とサンドイッチにはコーヒーが付く。
       この他にも様々な飲み物と、お汁粉や和菓子付の抹茶も用意されている。
       珈琲カップやその他の器も吟味され、コースターなどの小物も気が利いていて小気味よい。
       友人に勧められたことが切っ掛けで始めたと言はれたが、勧められたからと言って
       それまでの主婦が此処まで出来るとはあっ晴れと言う他は無い。
       新緑の眩い庭も自らが仕上げ、手入れをすると言はれた。大人の癒しの空間として
       申し分の無い茶房だった。
       高齢の私たちの黄金週間の滑り出しは極めて順調であった。

       窓若葉コーヒーミルの音立てて      ふきのとう

       喫茶「椿」藤枝市五十海2−5−10    tel054−646−2015
       営業 木、金、土  10:00 〜 17:00
posted by ふきのとう at 17:40| Comment(8) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

何でしょう?

                   小抽斗

       DSCF2410.JPG
       一応螺鈿づくりではあるこの小さな抽斗は「箸置き」入れにしている。
       結婚前、名古屋に暮らしていた亡母の妹、つまりは叔母の家に1週間ほど
       世話になった事が有った。
       同じ年の従妹と大須の寄席に通う時、叔母の持たせてくれる幕の内弁当は格別だった。
       遅く帰宅する私たちの為に用意してくれる食卓には箸置きが添えられ、真っ白な布巾が
       2人分きちんと揃えてくれてあった。    お櫃は春慶であった。
       そこには稲作と茶を専業にしている生家との違いが歴然としてしていて田舎育ちの私には
       目を見張る情景だった。その頃の生家は台所が土間になっていたし、レンガ造りの竈も
       健在で、煤けていて、古ぼけてやたら大きなタイル張りの流し、水瓶等々.....
       叔母の家の板の間の台所は新鮮だった。
       不思議なのは台所と居間の間に、それはそれは大きな甕が鎮座していたこと。
       叔母の大切にしていた糠味噌が入っていたのだった。
       その時叔母から頂いた箸置きは未だに大切にしているし、後に箸置き集めは私の趣味ともなった。
       今も大切に使用ている。生前我が家に来た叔母が、私が箸置きを大切にしている事を
       大そう喜んでくれたのだった。

              先日、夏らしい箸置きに入れ替えをした。

       DSCF2412.JPG

       DSCF2442.JPG

       さもない食卓の脇役だが、その季節感は大きな役割を果たしてくれる。
       殆ど5個セットだが2人暮らしの今はいづれも2づつ出している。
       箱入りは叔母から、藍色のものは最近気に入って購入した。

       箸置きの硝子細工や夏に入る     ふきのとう

posted by ふきのとう at 10:02| Comment(6) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

藤の花

                林泉寺の長藤

        DSCF2427.JPG

        家から車で5分も走れば長藤で有名な林泉寺がある。
       その先にあるスーパーマーケットに買い物がてら、帰りに寄って見た
       少し離れた駐車場まで花の香りは届いていた。1年に1度の香りだ。

       DSCF2425.JPG

       DSCF2426.JPG
    
       満開に近い咲き具合、思ったより見る人も少なく、暫く藤棚の下で
       藤色と香りを楽しんだ。

       山寺の申し分なき藤の丈      ふきのとう(旧)
posted by ふきのとう at 18:05| Comment(6) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする