2016年04月14日

明治村吟行句会

               喫茶「風待ち」で
        雨模様だがじっくり句会をするには持って来いの日柄だ。
        「風待ち」に午前9時集合、予定通りの句会が開始された。
        当日、都合で出席出来なかった1人も加わり7人での句会、持ち句は10句。
        自身をを言えば時間をかけたが、思うようには纏まらなかった。

        絵踏みなき春や明治の大聖堂      みのる
        花冷えや声の詰まりし懺悔室      よしこ
        花人となりて城下を一巡り       ちょこ
        対岸の湧きたつ花の白さかな      ひとこと
        守りたる畑一枚や畦青む        ひろこ
        呉服座の奈落に残る寒さかな      みちこ
        桜東風櫓太鼓の幣ゆらす        ふきのとう
             各自の高得点、互選のまま

             自身の投句
        玄関に猫のくぐり戸春うらら
        平成の鶯鳴くよ明治村
        父母の世を身近に花の明治村
        風ひかる石の館に木の小窓
        監房の窓一枚のさくらかな
        春光一閃在りし日の春団治
             以上得点を得た句
       
        漱石の猫に目見えし春の昼
        尖塔のクルス輝く花の昼
        新樹光聖ザビエルの十字架に
             以上無点句

        吟行に行かなかった人にも易く理解され臨場感の持てる句
        一句独立が私の目標だか、拘りすぎも良くないようだ。

        DSCF2389.JPG

             今庭の白山吹が綺麗に咲いている。
        
        

        
    
posted by ふきのとう at 09:24| Comment(2) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする