2016年06月25日

正しい謙譲語

                  葬儀の司会
       「ご臨席の皆、様本日は故〇〇様のご会葬にご臨席賜り誠にありがとうございます」
       「只今より施主様の〇〇様より本日ご臨席の皆様にお礼のご挨拶を賜ります」
       その挨拶が終わると「只今は喪主〇〇様のご挨拶を賜りました」等々.....
       「様」「賜りました」の遣いどころが気になり、聞いていてどこかに違和感を感じた。
       そう、謙譲語の対象と使い方だ。
       以上は会場となった葬祭業者と依頼者側の関係に生じる謙譲語と思えば疑問は無い。
       ただ臨席者には少しの疑問を抱く。
       「只今よりご臨席の皆様に喪主〇〇より一言、お礼を申し上げます」で良いではないか。
       代議士の遊説ではないのだから喪主側の「様」も「只今は喪主〇〇様のご挨拶でした」は
       不要だ。
       今までにない多くの参列者、高貴な戒名を持つ友人の葬儀に邪曲な私は多くの違和感を
       禁じえなかった。   
       若くして黄泉に旅立った友人には微塵の恨みつらみのないことは言うまでもない。

       黄泉のことまた伝へ来よ沙羅の花      ふきのとう

       DSCF2517.JPG

       庭に咲く江差草、咲き登り詰めいよいよ花の仕舞だ。
       
posted by ふきのとう at 09:12| Comment(7) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする