2016年07月06日

5色のじゃが芋を使って

             ふきのとう風マセドアンサラダ
        お笑い下さいますな!我が家には電子レンジが無い!
        故障したのでも壊れた訳でもない、今日まで我が家には置いていないのだ。
        契約電力量15aでは使えないこともあるが、年齢的にも無い事の不満も無い。
        「有ればきっと便利だろうな」とは思う。
        5種類のじゃが芋も賽の目に切って蒸し器で蒸した。色落ちが少し。
        それでも黄色も紫も意外と綺麗に蒸し上がり、人参、胡瓜も入れて出来上がり。

        DSCF2679.JPG

        DSCF2684.JPG

        DSCF2685.JPG

        去年の秋に作り置きしたレモンソルトも馴染んで来たのでレモンチキンに。
        今回、レモンの皮は容量の半分は剥いて使用したので少し上品な味にも思えたが
        香りが控えめだ。いつも通り皮ごと使う方が美味しいと解った。

        檸檬の香あふるる厨雨上がる   ふきのとう

      * <檸檬の香あふるる厨梅雨上がる>にしたいのだが檸檬は秋の季語なので。
        ただ檸檬の結実は秋だが、厳密には加工した檸檬だしと思ったりもするのだが。


        
posted by ふきのとう at 18:58| Comment(8) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

川向うから

                  じゃが芋さまざま
       大井川を挟んで東は大井川町(現焼津市)北には島田市がある。
       島田市は嘗ては私の暮す町と同じ榛原郡であったが大井川町は志太郡大井川町であった。
       子供の時分、親たちは大須川町を「川向う」と言っていた。同じ川を挟んでいても
       島田市は川向うとは言はない。同じ郡内にあったからだと思うが。
       前置きが長くなったがその「川向う」に暮らす姪が、じゃが芋、玉葱、にんにく等
       それはそれは沢山持って来てくれた。

       DSCF2668.JPG

       DSCF2672.JPG

       DSCF2669.JPG

       数種類のじゃが芋、左からシャドークイン、ドラゴンレッド、ニシユタカ等々
       同じ名前のレッドクイーンでも中身が黄色のものは「タワラムラサキ」と言う。
       ドラゴンレッドでも中身の黄色いものは「あかめ風」見た目は同じでも
       中身の色でそれぞれに別名が付いているらしい。そしてお馴染みの男爵はニシユタカと言う品種。
       それぞれの品種に叶う料理法なども伝授してくれた。
       いわゆる肉じゃが、我が家ではツナ缶、コンビーフなどで煮て、肉は使わないから
       正式な「肉じゃが」ではない。新鮮なうちにせっせと食べよう。

       DSCF2674.JPG

       DSCF2673.JPG
      
       にんにくは刻んでグレープシードオイルに漬けて保存、1年分はありそうだ。
       密閉容器の金具も錆びて、私の主婦歴の歳月も流れる.....。

       段ボール箱にじゃが芋眠らせて     ふきのとう
       
       
posted by ふきのとう at 08:22| Comment(10) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

文月

                 日めくり暦
        大病をしてから夫は日時に少し疎くなった、いや夫だけではない
        私とて同じこと。
        それまで我が家では使用したことのない日めくり暦を今年から使用。
        友人から頂戴した縦30p横20cmの大きなものだ。
        捲るのは夫の役目、と決めてあったが忘れる日も多々ある.....。
        今朝は私が捲った。

        DSCF2667.JPG

        「暑中お見舞い申し上げます」が目に飛び込んで来て思わず「ありがとう」と。
        「月替わりはいつもご挨拶が書いてあるの?」と聞くと「気が付かなかったなー」と言う。
        それで次月8月を捲ってみたが 何もなく31日から9月1日に移るのだった。
        その後の月は見ていないが、日めくりにご挨拶いただいたのは始めてのこと。

        日めくりに彝訓一節秋初月    ふきのとう

        「千里の道も一歩から」誰でも知っている老子の彝訓だ。
        更によく見ると行事、干支、日の出、日の入り、月齢など詳しく記してある。
        日々のみの確認をするだけであまり詳しく目を投すことも無く、半年過をぎてしまったことに
        改めて大きな損失とも思えた。

posted by ふきのとう at 10:39| Comment(6) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする