2016年07月29日

干し梅

                好天
         例年より早い梅雨明けであったが、照りつけるような日差しに恵まれず
         梅を干すチャンスがなかったが、ようやく本日梅を干す段取りとなる。
         料理におにぎりにと食べることが主ではあるが、梅選びから塩加減や
         干すまでを甕に眠らせ黴の来ないように見守り、紫蘇の調達をし
         そして待ち遠しい梅雨明け、土用の夜の夜干しまでの手順の醍醐味も
         もう一つの楽しみと言える。
         静岡産の南校梅と、ご近所で譲っていただく紫蘇で今年も快調の干し梅。

         DSCF2749.JPG

         DSCF2750.JPG

         ここ数日は良い天気が望めるようだから、土用干しまで順調に干せそうだ。
         最近はジップロックを利用して簡単に梅漬けが出来るようだが、相変わらず
         甕に漬けるという旧式梅干しの誕生も間近であ。

         あるなしの風干し梅の香運ぶ      ふきのとう
         
         
     
posted by ふきのとう at 09:47| Comment(8) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする