2016年08月23日

秋海棠

                    初花
        家の外壁を塗装するために、猫の額とも言えぬ花壇の中にも足場が組まれたため
        折角咲き始めた秋海棠の花が少し邪魔になってしまった。
        今朝その初花を早速玄関の垂撥に挿した。柄にもなくこの花が好き。
        以前大山の阿夫利神社の参道脇の導師宿に宿泊した時、この花の美しさに惹かれた。
        家に咲く秋海棠と違い、葉の緑も濃く紅色の花も一際冴えていたのだった。
        我が家の西日をまともに受ける場所と違い周りは常に滴りもありこの植物に
        叶った環境のようだった。 その後高尾山でも見事な群落に出遭った。

        DSCF2829.JPG

        DSCF2830.JPG

        葉の緑も花の紅も少し薄いが、季節を感じさせてくれるから嬉しい。
        その昔<季節の変わりめをあなたの心で知るなんて....>と言う歌詞の
        流行歌があったが、題名は「秋冬」?ではなかったか?
        確か三ツ木清隆という男優が歌っていたはず。

        日照り雨秋海棠のひらき初む       ふきのとう
        風雨去る秋海棠に紅兆し         ふきのとう
        
posted by ふきのとう at 09:01| Comment(6) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月21日

こんな暑気払いも

               熱々の珈琲と飴玉
      お蔭様で室内を風が通り抜けているが、ぎらぎらの太陽がまぶしい。
      思いついて熱々の珈琲と飴玉で暑気払いをしてみることに。
   
      DSCF2816.JPG

      只今10時20分、熱々の珈琲も思ったより美味しく、牛乳を入れただけの
      珈琲に先日頂いた飴玉が良く合う!

      DSCF2810.JPG

      次の句会に備えて俳句の勉強でもと思ったが、来客に追はれて忘れていた雑誌を読むことに。
      隔月おきに発刊される静岡生まれの「BARATEE」今回は幸せのコーヒーとパン特集だ。
      年間購読が割安なので契約している。
      今日までに「暮らしの手帖」「家庭画報」「マイライフ」「サライ」「和楽」などなど
      購読したが、殆どが1年も経つと内容が先年と重複してしまって購読力も失せるのだった。
      家庭画報も和楽もサライも今では専ら図書館を利用し、暮らしの手帖は読んでみたい号だけ 
      購読することにした。        昨年溜まった本を処分したばかりだから.....。
      この静岡生まれのタウン誌、いつまで楽しませて頂けるだろうか。

      暑気払ふ熱き珈琲夫の留守        ふきのとう

      
posted by ふきのとう at 11:18| Comment(4) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

懐かしの.....

                      真桑瓜
        郵便局の近くに私より少しお年を召した2人が運営している無人販売がある。
        今日はおふたりが揃って商品を並べているところに出会した。
        「いつも新鮮なお野菜ありがとうございます」「嬉しい事言ってくれるね〜え」
        そんな会話をしながら今年初めて見る真桑瓜を2つ買った。

        DSCF2793.JPG

        ここに真桑瓜が出たのは初めてのこと、「ためしに初めて出しただよ」と。  
        早速買って帰り剥いて冷蔵庫で冷やして頂いた。
        それはそれは懐かし、ほのかに甘く瑞々しい真桑瓜、過ぎた日の事を想い出す味。

        DSCF2800.JPG

        その昔、熟れるのを待ちきれず青臭い真桑瓜を食べたこと、木製の冷蔵庫に
        ブリキの錆びが浮いていたこと。
        縁側で一緒に食べた、幼馴染のさっちゃん、あけみちゃん、あいこちゃん、さなえちゃん
        ちっちゃん、いさむちゃんのことを鮮明に思い出す。
        原因は思い出せないが、鼻水と泣きじゃっくりが止まらないで食べたこと......
        さなえちゃんもあけみちゃんも若くして未亡人となり、いさむちゃんは鬼籍に。
        ちっちゃんと、あいこちゃんには極たまに会うがさっちゃんのその後は知らない。

        居並びし子等の皓歯やまくは瓜      ふきのとう

        そうそう、ブログのお客様ターさんのお宅の真桑瓜のその後は?〜?
        
posted by ふきのとう at 08:49| Comment(6) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする