2016年08月19日

懐かしの.....

                      真桑瓜
        郵便局の近くに私より少しお年を召した2人が運営している無人販売がある。
        今日はおふたりが揃って商品を並べているところに出会した。
        「いつも新鮮なお野菜ありがとうございます」「嬉しい事言ってくれるね〜え」
        そんな会話をしながら今年初めて見る真桑瓜を2つ買った。

        DSCF2793.JPG

        ここに真桑瓜が出たのは初めてのこと、「ためしに初めて出しただよ」と。  
        早速買って帰り剥いて冷蔵庫で冷やして頂いた。
        それはそれは懐かし、ほのかに甘く瑞々しい真桑瓜、過ぎた日の事を想い出す味。

        DSCF2800.JPG

        その昔、熟れるのを待ちきれず青臭い真桑瓜を食べたこと、木製の冷蔵庫に
        ブリキの錆びが浮いていたこと。
        縁側で一緒に食べた、幼馴染のさっちゃん、あけみちゃん、あいこちゃん、さなえちゃん
        ちっちゃん、いさむちゃんのことを鮮明に思い出す。
        原因は思い出せないが、鼻水と泣きじゃっくりが止まらないで食べたこと......
        さなえちゃんもあけみちゃんも若くして未亡人となり、いさむちゃんは鬼籍に。
        ちっちゃんと、あいこちゃんには極たまに会うがさっちゃんのその後は知らない。

        居並びし子等の皓歯やまくは瓜      ふきのとう

        そうそう、ブログのお客様ターさんのお宅の真桑瓜のその後は?〜?
        
posted by ふきのとう at 08:49| Comment(6) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする