2016年08月23日

秋海棠

                    初花
        家の外壁を塗装するために、猫の額とも言えぬ花壇の中にも足場が組まれたため
        折角咲き始めた秋海棠の花が少し邪魔になってしまった。
        今朝その初花を早速玄関の垂撥に挿した。柄にもなくこの花が好き。
        以前大山の阿夫利神社の参道脇の導師宿に宿泊した時、この花の美しさに惹かれた。
        家に咲く秋海棠と違い、葉の緑も濃く紅色の花も一際冴えていたのだった。
        我が家の西日をまともに受ける場所と違い周りは常に滴りもありこの植物に
        叶った環境のようだった。 その後高尾山でも見事な群落に出遭った。

        DSCF2829.JPG

        DSCF2830.JPG

        葉の緑も花の紅も少し薄いが、季節を感じさせてくれるから嬉しい。
        その昔<季節の変わりめをあなたの心で知るなんて....>と言う歌詞の
        流行歌があったが、題名は「秋冬」?ではなかったか?
        確か三ツ木清隆という男優が歌っていたはず。

        日照り雨秋海棠のひらき初む       ふきのとう
        風雨去る秋海棠に紅兆し         ふきのとう
        
posted by ふきのとう at 09:01| Comment(6) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする