2016年09月08日

オリンピック&パラリンピック

                飯塚選手が地元へ
      昨夕、生家の在る御前崎の両親の許に帰るより先にテレビ出演して、静岡県民に
      応援のお礼と帰国の挨拶を述べた飯塚選手の実に爽やかな笑顔
     「パラリンピックへ希望の夢をつなぐことが出来ました」と、とても嬉しいコメントだった。
     
      DSCF2912.JPG

      そして今日のパラリンピックの開会式は沢山の感動を頂いたいた。

      DSCF2934.JPG

      DSCF2940.JPG

      DSCF2951.JPG

      DSCF2945.JPG

     いずれもテレビ画面をカメラでとらえたものだが、各選手は一人残らず輝いていた。
     今までの辛かったこと、これからも有るかも知れない困難を力に変えてベストを尽くして頂きたい。
     

     1人が890g846gと極小未熟児で誕生した双子も9月には15歳の男子中学生となった。
     残念ながら1人は未熟児網膜症剥離となってしまったが、親元を離れ東京の学校で
     勉学に励んでいる。      身長は170cm、もう直ぐ父親を超すほどに成長した。
     
  



      
posted by ふきのとう at 16:38| Comment(4) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

近場で葡萄狩り

             貸し切りの葡萄園
      人生2度目の葡萄狩りを兼ねての吟行、心配していた台風の余波も無く好天だ。
      
      DSCF2893.JPG

      山里に囲まれた寺領の一角が葡萄園となってる。
      此処は、いつもは私たちが吟行の時に大変お世話になる運転手さんの実家。
      手入れされているビニールハウス内での葡萄狩りだ。

      DSCF2883.JPG

      DSCF2882.JPG

      熟れ頃の葡萄の見分け方など丁寧に教えて頂いて持ち帰りの分を採った。
      粒がほろほろ落ちるのは「完熟」の証だそうだ。ただ熟れれば良いと言うものでもなく
      熟れすぎて甘味が落ちる事も有ると言う。
      「存分に食べて下さい」と言はれたが大粒の葡萄だけにそううお腹に入らない。
      数種類の葡萄を試食させて頂いて、家に持ち帰る葡萄、ゴールドピオーネ
      シャイマンスカット、カイジの3種類を選んだ。

      DSCF2895.JPG

      登山用のズボンは何枚か持っているが、いわゆるパンツというものを持たないので
      虫除けに、亡母のもんぺを用意、面倒なのでスカートは穿いたままで。
      不思議な不思議な今日の「葡萄狩りスタイル」だ。
      帰路は童子沢親水公園で、少し遅い昼食を摂り帰宅、近場の楽しい葡萄狩りだった。
      吟行句会は来週行うことに決まっている。

      法昌院の和尚が園主葡萄捥ぐ       ふきのとう
     
posted by ふきのとう at 09:16| Comment(6) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月02日

歩けば福も

                 烏瓜
       先日久しぶりに会った知人に行き先を尋ねられ、百円均一の店に行くと答えた。
       その日は火曜日、木曜日の百円均一は消費税が付かないからと木曜日にする様に勧められた。
       台所で使用するポリ袋を買うつもりだったが、知人と話しながら家に戻ったのだった。
       そして、昨日の木曜日、家から歩いて2.5Kある道を歩いた。
       日は落ちたとはいえ辺りは未だ明るい。
       いつもの木立の脇の農道を歩いていると、烏瓜が色付いているのに気づき、早速採った。
       行きがけだからお店に持ち込むことが気にはなったが、帰りでは日も暮れてしまうからと。
       ポリ袋だけを買うはずだったが、愛らしい付箋とメモ用紙を買う。
       気の利くレジ係の女性が買い物籠の底から出てきた烏瓜をレジ袋に入れてくれたので
       買ったものはレジ袋を遠慮して、手提げに入れて帰った。
       流しのボールに水を張って入れておいた烏瓜、今朝玄関に飾る。正しく秋のおくりもの。

       DSCF2878.JPG

       DSCF2880.JPG

       ほどほどの幸せ烏瓜熟るる       ふきのとう
       
       

                 
posted by ふきのとう at 10:39| Comment(8) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする