2016年10月20日

思い込み違い

                 木犀
      余所様の木犀は早々と咲いたのに、我が家の木犀は咲く気配は全く
      ないとみて今年の花は諦めていた。
      ところが今朝、ベランダに出て見ると明らかに木犀の花の香りがするのだ。
      北側の庭の端に回ってみると見事に咲いているではないか。

      DSCF3109.JPG

      と、このように満開であった。雨続きの此の頃、自転車にも乗らなかったので
      庭の端の自転車置き場の横に咲いている木犀に気付かなかったようだ。
      「ありがとう今年も咲いてくれて」。                            
      
      木犀のこぼるる花を手の窪に       ふきのとう

      DSCF3142.JPG

       木犀の花に熱い湯を注ぎ、即席の「桂花茶」に。
       仄かに木犀の香りがして、私は秋を満喫した気分になる。

      
posted by ふきのとう at 16:19| Comment(6) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする