2016年11月11日

水田の今

                レタス畑
        夏は水田に囲まれて、豊穣の秋が過ぎ、今はレタス畑の只中の我が家。
  
        DSCF3217.JPG

        DSCF3215.JPG

        DSCF3216.JPG

        仮植から定植された今の時期のレタスはクリスマス用に出荷される。
        手植えだったレタスの苗も今ではその殆どがが機械植えになり、植え込む時の
        「ガシャッ」と言うリズミカルな音が日がな一日、辺りに響く。
        1年を通じて思う事は機械化されはしたものの、女性の労働力は男性よりも
        過労のように感じる。
        耕運機、田植え機、稲刈機、そしてレタスの移植機も隅から隅まで機械が届く訳では無く
        その隅々を手で耕し植えるのは機械を操縦しない女性の仕事なのだから。
        私が昼の散歩を控え、夜にするのには訳がある。野良に人のいない時間を選んでいる為だから。
        何か言はれた訳では無いが、農業従事者の面前の「散歩」は気が引けるのだ。
        野良仕事のご夫婦にアイスクリームなどを持って行ってお相伴することは年に数回はある。

          老練の主婦の手秤レタス選る        ふきのとう

        
   
  
posted by ふきのとう at 14:01| Comment(6) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする