2016年12月30日

節料理半ば

                これから鶏挽肉の松風焼きを
       家庭を持ってから続いている節料理、きんとん、黒豆、たたき牛蒡など
       比較的日持ちの良いものは既に作り、先ほど伊達巻が仕上がった。
       この後、錦玉子などいたみやすい物を明日の昼までに仕上げれば
       年中行事も最終となる。

       DSCF3352.JPG

       DSCF3354.JPG

       例年きんとんの裏ごしは夫が受け持ってくれていたが、今年は何と無く
       予後の身であることもあり、頼めず裏ごしを省く作戦で始めた。
       さつま芋を極みじん切りにして梔子汁と一緒に煮て見ることにした。
       味は何時ものきんとんだが、肌理も荒く、見た目は今一。作り直したい気分だが....

       DSCF3355.JPG

       慈姑の年々高価なこと、呆れるばかりだ。殊においしい訳では無いが
       見た目はお節の主役、大阪に暮らした5年間が無かったら恐らく
       慈姑など煮ることもしなかっただろう。それまで身近な食材ではなかったから。

         鬼すだれに巻いて、只今整形中の伊達巻

       DSCF3347.JPG

       DSCF3346.JPG

       年用意に亀の子束子を買った。似たような束子は売り場に沢山出ているが
       このメーカーの物は中々出ていない。この束子が無いと困る古い古い人間だ。

       年用意まこと強情鬼すだれ      ふきのとう
       手始めの伊達巻を巻く節料理     ふきのとう
       慈姑煮る亡母の齢我が齢       ふきのとう 
       終日をとろ火操る小晦日       ふきのとう 


       何でもない私の日常に今年もお付き合いくださいまして有難うございました。
       皆様良い新年をお迎えくださいますように。ご多幸をお祈り申し上げます。
       

       
posted by ふきのとう at 14:43| Comment(4) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする