2017年01月31日

菩提寺から

                節分の贈り物
       菩提寺と言っても正確に言えば生涯を独身で73歳で鬼籍となった次兄が
       世話になっている寺のご住職が毎年届けてくれる節分の豆と面が昨日届いた。
       実家が長兄も既になく、甥の世代になっていたため、末っ子の私が喪主となったのだった。
       住職は思想も暮らしも簡素であり、出来る事なら自身もこの寺にと思うが
       既に墓地の用意もあるし、今さらながら早まってしまったと思うが仕方がない。
       この豆も勿論有り難く食べるが、節分には大豆を炒るのが私の流儀。
       炒り大豆と動物ヨーチ、落花生も混ぜて撒くのが我が家の慣はしだ。
    
       DSCF3433.JPG

       如月の鬼より怖し胸の内      ふきのとう

       次兄とは九つ違いで、その間に兄妹がいないから年齢としてはいちばん近い
       兄妹だったからとても仲が良かったし、可愛がってもらった思い出も多い。
       ああ、兄よりも長生きしてしまった......。

       早世の兄に想い出黄水仙      ふきのとう
       
posted by ふきのとう at 08:21| Comment(4) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする