2017年03月30日

満開好いけれど

                  花三分

       
       満開の桜も美しいが、目を凝らしてみるには三分咲きから五分咲きが好い。
       以前にも紹介した茶房「椿」の桜に逢いに出かけた。
       私の好みの三分咲きであった。満開よりも凛として美しいと思う。
       満開のさくらは一目見て「ああ、桜」と思い、三分から五分咲きの桜には
       一房の在り方を目を凝らしてじっくり見るからだ。

       DSCF3646.JPG

               今日の玄関の設え
       DSCF3648.JPG   

       DSCF3667.JPG

       DSCF3658.JPG

       DSCF3663.JPG

       桜大樹が2階のベランダに枝を広げ咲き始めていた。

       2階でのランチも可能だが、足に自信のない夫が階下で食事をすると言うので
       食後の珈琲だけは1人、2階で楽しんだ。近くの公園の丘に咲く山桜も見え
       三分咲きの花を頭上に、誰にも邪魔されることなく贅沢なひと時となった。
       淡墨桜と聞くので、散り際の薄墨色にも是非お目に掛かりたいものだ。

       無心とも在らねどひとり花下に座し     ふきのとう

       数年前の大病から「桜」は節目の花となり、それまでの桜に対する気持ちの
       置き方は私の心の中では「観る花」ではなく「逢える花」となった。
  
posted by ふきのとう at 16:01| Comment(8) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする