2017年04月13日

吟行 浜松フラワーパークと動物園

                 遠足気分で
       前日はかなりの雨、まるで遠足前夜のような気掛かりな天候だったが
       当日は快晴、晴れ女ばかりの吟行だった。       
       浜松駅に降り立つと、ここは大河ドラマ一色、駅の其処彼処は直虎づくめだ。
       この句会唯一の男性が体調不良のため、欠席とはとても残念なことだった。

       DSCF3740.JPG
       
       幼稚園のバス旅行以来だから凡そ35年ぶりの公園だ。
       塚本こなみさんと言へばどなたもご存知、日本初の樹木医であり
       当時引き受け手の無かった栃木県足利市のフラワーパークの樹齢150年の
       藤の移植を成功させた事は夙に有名だ。。
       その塚本こなみさんが不振であった浜松市のフラワーパークの再建に尽力し
       見事に成功させたのだった。
       
       大きな池の周りを数種類のチューリップで埋めメタセコイヤの直ぐなる木を
       配した景はまるで北欧の湖畔にいるような気さえする。

       DSCF3746.JPG

       DSCF3761.JPG

       園内の要所をめぐるフラワートレイン、と言っても路面に線路が敷いてある訳では無く
       2両編成のバスののようなものだ。

       DSCF3766.JPG

       フラワーパークの隣は市の動物園、日本平動物園よりは動物の種類は少ないが
       とても清潔で飼育管理も行き届いているように感じた。
       天上の花にふれゆく観覧車    ふきのとう

       22日の句会までに7句を用意しなくてはならない、飴の後の鞭だ。

       
 
       
posted by ふきのとう at 17:13| Comment(6) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする