2017年04月25日

1時間の早起き

                    武具飾る
        ここ数日の暦は慶事には向かなかった。今日は三隣亡でありながら
        何故か祝い事には上々の大吉と記してある。  
        四緑先勝とあるから、いつもの起床時間を1時間早めて起き、早朝に兜を飾った。  
        兄姉の中でも何故か末っ子の私は亡母ににて縁起担ぎ屋なのだ。
        靴を新しく下ろす時なども履きたい日の暦を見て、日柄が良くなければ
        前日に少し履いて置いたりもする。一つ言えることは出来る範囲で縁起を守れば
        よくない事に出遭っても不思議と心が落ち着くのだから、私の縁起担ぎも重症である。

        DSCF3799.JPG

        DSCF3800.JPG

        持ち主の息子も疾うに不惑を過ぎてしまったが、健康なようだから有り難い。

        雛様に比べたら小道具も少なく極めて簡素な兜飾りだから出し入れも手間取らない。
        とは言うものの、年年歳歳私の身体も鈍になり、うっかり触れてしまった屏風に
        穴をあけてしまったりする。経年の為、ほんの少し触れただけでも破損してしまう。
        その都度補修してきたが今年もまた新たな破損部分を増やしてしまった。
        ただ、色褪せてはいるけれど表には目に見えて破損はなく、古色も味のうちだ。

        DSCF3805.JPG

        DSCF3803.JPG

        DSCF3804.JPG

        DSCF3802.JPG 

        太刀や柏餅、粽なども色褪せてはいるものの、子の年齢に相応しい古色となった。

        若葉寒色褪せ著き兜の緒      ふきのとう 
        憶良には子の歌多し武具飾る    ふきのとう

        

        

         

          
posted by ふきのとう at 13:01| Comment(6) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする