2017年06月30日

負うた子に教えられて

                糠漬けパプリカ
       パプリカの糠漬けが家族に好評だと娘から聞いたので早速試してみた。

       DSCN0098.JPG

       先日ガスパッチョ作った時の使い残しのパプリカを糠床に漬けて今朝食べた。
       なるほど、単品でもサラダ感覚で、美味しく食べることが出来る、これはこれは。
       ピーマンは母がよく漬けていたら私も漬けているがパプリカは初めて。
       ピーマンとは多分兄弟分だろうから、漬けけられない訳がない。

       夫の自宅療養を決めた時、ブログは難しいと思いましたが、私も大分落ち着き
       出来るだけ続けようと思います。ゲストのみなさま宜しくお願い致します。

           梅雨厨「糟糠」の語を吾子知らず    ふきのと
posted by ふきのとう at 09:21| Comment(8) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

アボカド

                 芽が出て葉が出て
      ブログの友人に刺激されて直ぐにアボカドの種をハーブの鉢の脇に埋めておいた。
      そのことをすっかり忘れていてハーブの植え替えしようとすると、大きな丸い
      種から少し芽が出ていて、「なんだろう?」と思って割ってみた。
      アボカドが密かに発芽していたのだった。 慌てて別の鉢に植えたものの
      種子を割ってしまったのだからと、半分は諦めていたのだが、どうだろう!

      DSCN0132.JPG

      縁起担ぎの私のこと「きっといい事があるに違いない」と思っている。
      と、同じような事がもう一つ、長野県のブラネタリウムを備えた民宿に
      宿泊した折に頂いたソバナ(たぶん)が始めて咲いた。あれから12年経つ。

      DSCN0102.JPG

      写真が上手く撮れなかったが紫の清々しい花だ。
      元々が縁起担ぎ屋だから、今置かれた状況が更に拍車をかける。

      宿の書に女工哀史や蕎麦菜咲く   ふきのとう
      
      
      
posted by ふきのとう at 15:37| Comment(6) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

行って良かった

                映画「八重子のハミング」
       夫の自宅療養が始まる前、6月のカレンダーの予定表に先日の吟行と今日の映画が記してあった。
       それを記憶していた夫の勧めで市内の小さな映画館へ1人で行く。
       いつか来る夫婦の別れ。ゆっくりとふたりで歩む、ありがとうの人生(みち)
       今の私の心境のようだが内容は少し違い、若年性アルツハイマーの妻を介護する
       夫のドキュメンタリー映画だ。
       以前に観た「妻の病」に似ている部分もあり、とちらも脚色のない事実に基づいた映画であるが、
       ある意味で今日の映画の方が日常起こりうるリアリティが濃いように思った。
       主演の俳優も「現実に起こった日常は芝居の様に「演じる」とは違い非常に難しかった」と話した。
       脚本家の青島武氏の友人とたまたま話す機会を得て、当時氏の作品を映画化した
       「ツレがうつになりまして」の佐々部清監督の映画を観たことが切っ掛けで
       この監督の映画の殆ど観ている。 今日の映画は大手の映画会社から拒否された
       監督の意地もあり自主制作に近い映画のようだ。 上映後に佐々部監督と主演の升毅の
       舞台挨拶もあり楽しめた。予算の都合で12年間の夫婦の暮しを13日間で撮り終えたと言う。
       サイン入りのパンフレット、欲しかったわけではないがカンパの意味も込めて購入したのだった。 

       DSCN0114.JPG

       映画!cid_image002_jpg@01D2ED36.jpg  

       俳優の升毅さんは、映画やテレビと全く同じで、雰囲気も良く丁寧な方だった。                                          
       夫のリクエストのお寿司を買って帰路に、午後1時40分には家に着いた。

       映画観てとんぼがへりの梅雨の空       ふきのとう
                                                        


posted by ふきのとう at 22:38| Comment(6) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする