2017年08月06日

広島忌 そして星祭

              広島忌
      72回目の広島忌、台所に立ったままの黙祷だった。

      今日は宵祭り、明日はひと月遅れの当地の七夕祭だ。
      ご近所から良い塩梅の今年竹を頂いて、ささやかな七夕祭りの支度する。
      少しの短冊と、でんぐりを笹に結い、一応の形は整えて飾った。

      DSCN0208.JPG

      明日の朝は習い通りのお赤飯を炊こう。
      娘が保育園(当時幼稚園は近くには無かった)に入園した時のこと、星組のクラス24人中
      22人はこの日のお弁当に土地のしきたりであるお赤飯を持ってきたのだった。
      娘ともう1人の子のみが白米のお弁当であり、娘は大泣きをした言う。
      それ以来私もこの日の朝は赤飯を炊く事が身に付いたのだった。
      
      天つ辺に夫への願い星迎       ふきのとう
      願ふこと夫のことのみ星まつる   ふきのとう
      スタイリストになると言ふ夢星祭   ふきのとう

      昨日来た小5の女の子が数枚の短冊を書いてくれていた。
      祖父の全快を願うと共に、将来の夢として「スタイリスト」と記してあった。
     
posted by ふきのとう at 20:03| Comment(10) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする