2017年08月13日

恩師の死

               神蔵器先生との思いで
      器先生に初めてお目に掛かったのは、結社に属して間もない頃のことだった。
      鞠子路を吟行される時のこと、グレーのトレンチコートに身を包み葉巻をくわえて
      駅の階段を下りてくる師は、洋画の一齣を彷彿とさせる思いだった。
      それから私が大病するまでの15年間を師の結社で俳句を学ぶこととなったのだった。
      師の右腕とも言はれている方が田舎から出てくる私への気遣いをしてくれて、
      事あるごとに先生と同伴させていただけたのだった。
      かと言って馴れ馴れしくすることは極力避け、私はいつも末席に座るように心掛けていたのだった。
      ところが或る日、師が私の横に座ろうとするので、私は席を立とうとバックを持って
      腰を上げた途端「どうして逃げるの?そこに座っててよ」と言はれ、どぎまぎしたのが始まり
      その後なぜか師の隣に座る事になったのだった。
      「〇〇さん、先生のご贔屓だわね」と冗談で周りの人に言はれることもあり、そんな時は
      「私の声は大きいから先生が聞きやすいからよ」と答えていた。
      夫の趣味の焼き物の事、ビキニデーには久保山さんの事などよく電話も頂いた。
      大好きな珈琲に話が及ぶと「いらっしゃいよ、ハワイコナをごちそうするよ」で終はるのだった。
      9月には「器先生を偲ぶ会」が新百合ヶ丘で行はれ、案内状も頂いている。
      万障繰り合わせて参加出来たら嬉しいと思っているが夫の事も有り解らない。

          夏の星我に幻のハワイコナ      ふきのとう

          師は7月26日黄泉に発たれた。
      
posted by ふきのとう at 17:33| Comment(4) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キツネノカミソリ

         今朝気付く
       夫の朝食を済ませ、ふと庭の片隅に眼が届くとキツネノカミソリが咲いているではないか。
       早くも咲き終はったものもあるがこれから咲くものもあるのだった。

       DSCN0215.JPG

       DSCN0225.JPG

       DSCN0226.JPG

       山中に生えて、花後に出る葉が剃刀に似ていることがこの花の名の由縁らしい。
       この葉で顔を剃り、木の実を砕いて化粧をするキツネを想像するに余りある御伽の世界だ。
       ふと、何年も前の結社の記念大会が甦る。
       偶然中の偶然!結社の賞「石川桂郎賞」を頂いた時、師の随筆「剃刀日記」の朗読が披露された。
       結社に属し、劇団にも属する女優の朗読だったから見事であった。
       死者の剃刀や、大金持ちの娘さんの嫁入り前夜の剃刀など、天鵞絨の声での朗読は
       身震いを持って聴いたのだった。
       師系から言えば私たちは孫弟子かも知れぬ。そう、恩師、神蔵器師をしのぶ会からの知らせもあり
       万障繰り合わせることが出来たら出席したいと思っている。

          母と子の影絵の狐夜の秋      ふきのとう 

       

      
posted by ふきのとう at 08:47| Comment(4) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする