2017年08月18日

身勝手な言い分

                  我儘を承知で
     ケアマネージャー、訪問看護士、入浴車にはスタッフ3人、そして往診医と
     毎日ではないが週4日はそのうちの誰かの訪問がある。
     友人知人とは違い、夫関係の人の出入りが私を疲れさせる。
     夫が安心できて心良い日は私が疲れると言う不思議な日々が続いて約3か月
     昨日は誰も来訪予定が無い日だったので掃除もせずのんびりと過ごした。
     昨夜何回か起こされて、それ以来眠れず、睡眠時間は3時間しか取れなかった。
     昼寝の習慣が無いので昼は眠れず夜は早めに寝ることとした。
     
     そうそう、ブログに他人様に迷惑するようなことは書いた覚えはないのだが
     以前、俳句をしている事を伏せていた句友のことが、私のブログにから
     知れてしまったことがあった。それを責められた訳ではないけれど.....。
     若し、そのような事を知ったとしても私なら黙っているのだが。
     話好きと、徒口の違いも甚だしく、苦い水を飲んだのだった。
     お節介も大切だが、親切心も時に双方に害をもたらす故に、極力私も慎もうと思った。  

     庭のアカシデの木の下の「忍」、掌ぐらいの大きさだったがいつの間にか...

     DSCN0231.JPG

     誰も来ぬ日のやすらぎや吊忍        ふきのとう

     世の中に人の来るこそ嬉しけれとは言ふもののお前ではなし   蜀山人
     世の中に人の来るこそ五月蠅けれとは言ふもものお前ではなし   百
     蜀山人の諧謔歌をもじった百閧フ諧謔、双方並べて読するととても面白い。

     人が来ることを煩いと解釈されそうな私の一句、どなたかに読まれて
     物議を醸しだすのも御免だから上記を付け加えて見た。  
    
posted by ふきのとう at 09:19| Comment(11) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする