2016年09月28日

ようやく咲いた彼岸花

                 飛び火
       幅2mほどの家の横の川、稲刈も終はり水も小流れになった。
       対岸には咲いていなかったはずの彼岸花が今年は咲いている。
       しかも家側の土手に兄が生前に植えてくれた白彼岸花も(向こう岸)に咲いているではないか。
       球根で増えるものと思っていたが種でも増えるらしいのだ。

       DSCF3022.JPG

       DSCF3021.JPG

       娘の子供たちも大きくなり、とんと来なくなってしまい、この辺りも
       滅多に子供の姿を見ることも無いので彼岸花でネックレスも作ることもない。
       
       彼岸花飛び火をしたる向かう岸      ふきのとう
       
posted by ふきのとう at 18:07| Comment(4) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
種で植えた白彼岸花 年数が経ったのでしょうか
先日 竹藪の彼岸花を見て作りたくなりましたので・・
Posted by 山水 at 2016年09月28日 18:51
今年は開花が遅れていますね
子供の頃は彼岸花を家に持ち帰ると火事になるとか
毒が有るので触れてはいけないとか言われたものです
この花で夏の終わり感じます
Posted by 助っ人“恵” at 2016年09月28日 22:00
山水さん
紛らわしい文章を書いてしまいました。ゴメンナサイね。

家側の土手に生前兄が植えてくれたのですが、今年は
家側の土手には咲かず、向こう岸に咲いたのです。
彼岸花も水仙も球根でなければ増えないとばかり思っておりましたが
どうやら「種」でも増えるように思います。
家側に咲いた時には白さに濁りがありましたが
対岸で咲いた花は綺麗な白彼岸花でした。不思議です。
Posted by ふきのとう at 2016年09月29日 10:08
助っ人“恵”さん
口にしなけ大丈夫と子供心にも知っていてままごとや
首飾りにして良く遊んだものでした。
何故かこの花が好きで、季節には必ず家の中にも飾ります。
神業のような緻密さがこの花の特徴でもありますね。
Posted by ふきのとう at 2016年09月29日 10:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: