2016年11月28日

重ね十箱

                 数日を籠る
       友人から浅草みやげに千代紙細工キットを頂いた。
       素地となるの厚紙を切り、千代紙を貼って6角形の小箱を作り、幾重にも重ねる
       遊びともいえる細工をする為にここ数日間を費やした。

       DSCF3264.JPG

       DSCF3263.JPG

       DSCF3266.JPG

       糊は障子を貼る糊が敵していることに途中で気付いた。
       科学糊は和紙には適していないように思ったのだった。
       1つ完成するごとに「もう1つ」と食事の支度の間も欲しい程だった。
       大きな箱が約7p一番小さな箱が約1センチ、組み入れて計10個の箱が出来上がる。
       完成してみると充実感もあり、久しぶりの熱中だった。
       完成品も販売していたようだが意外に高価だったと言はれた。
       外人向けのおみやげ品として好評のようだ。

       手に馴染む江戸千代紙や冬ぬくし      ふきのとう
posted by ふきのとう at 16:45| Comment(11) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは
きれいな千代紙細工ですね。
完成まで一気にやりたくなる気持ち、解ります。
私も今、切り絵細工を戴いてあるのですが、なかなか手を付けられずにいます。
お正月にテレビでも見ながらやろうかな?と思っていますが、できるかどうかです。
最近は好きだったパッチワークもやっていません。
大したことはやっていないのにあまり時間がないのです。
時間って作らなければないものですね。思い切って始めようかな。
Posted by ター at 2016年11月29日 11:17
あらまあ! もう感服するばかりです。
最少が1pの辺、ということは最大でも・・
本当に根気ですね。私には無理な手作業です。

最近は余裕のない毎日で、何もしていません。
産婦が私に教わりながら編んだベビーカーのカバーを置いて帰りました。
中途半端なので、仕上げでもして、今度渡しましょう。
ふきのとうさんのおかげで、思い出しました。
Posted by KUMI at 2016年11月29日 13:55
壽・寿の文字ですね。篆刻のときに使ったことがありますので読めました。
Posted by 秋山白兎 at 2016年11月29日 15:52
ターさん
あら、「今日ももう終はっちゃう」毎日そう思う此の頃です。
私も以前より取り掛かりがおそくなりました。
なのに取り組むと時間を忘れてしまうのです。
たとえ取り掛かりが遅くても何かしょうとしているのだから
それはそれで良い事と、勝手に理由付けしているのです。
是非お初めになってくださいな!
Posted by ふきのとう at 2016年11月30日 08:19
kumiさん
製図をしなくても、台紙を折って、千代紙を貼るだけですので
難なく私でも完成させることが出来ました。
私は編み物に落伍しましたので、編み物が出来る方
ましてセーターなど編めるなんて神業としか思うないのです。
そう、洋裁も、型紙は友人任せ、縫うだけが好きと言うだけのこと
真の「器用」とはすこし違いますね。
Posted by ふきのとう at 2016年11月30日 08:26
白兎さん
篆刻、表札など篆刻されているお宅など、お洒落でよいなと思います。
象形文字は漢字の成り立ちも垣間見ることが出来て
味わい深いですね。
篆書の扁額も観て飽きません。
Posted by ふきのとう at 2016年11月30日 08:29
素敵な小箱ですね。俳句も季語がよく効いていて、陽だまりで工作に夢中なご様子が目に浮かびます。
Posted by octpus11 at 2016年11月30日 17:29
octopusさん
お褒め頂いて嬉しです。
台紙を折り、千代紙を貼るだけのものですが
いざ作り出しますと夢中になりました。
指先を使いますので脳と指の運動には持って来いの頂き物でした。

octopusさんの俳句は、私の手の届かない理想的な句と
何時も感じておりましたから、舞い上がるほど嬉しいです。
Posted by ふきのとう at 2016年11月30日 18:05
日本版「マトリョーシカ」ですね、
時間を忘れて夢中になれるのは良い事だと思います
障子の張り替えもなさるので糊に気が付かれたのですね
目が疲れたり肩が凝ったりしませんでしたか
少し根を詰めると肩凝りがするものですから
Posted by 助っ人“恵” at 2016年11月30日 21:19
助っ人“恵”さん
確かにマトリョーシカですね。
和紙には上品さと温かみがあって手触りも楽しめました。
和室の多い家ですので障子貼りは必然です。
お蔭様であまり肩こりはしないので助かります。
Posted by ふきのとう at 2016年12月01日 09:11
そんなふうに言っていただくと恐縮して身が縮むばかりです。近頃怠けている句作に励まねばと、励まされます。
Posted by octpus11 at 2016年12月01日 10:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: