2016年12月26日

外見ばかりの.....

                正月用意
       障子の貼り替えも済み、そろそろお節の献立も考えなくてはと思いつつ
       外見ばかりの年用意をする日々、先ずは申の掛け軸を外し、節分までの鬼に。
       短冊は新年の句に、玄関の自作の刺繍を外し、少し改まった友人の書を。

       DSCF3341.JPG                                                         
       DSCF3340.JPG

       DSCF3334.JPG

       DSCF3339.JPG

       室内も初春に相応しい色紙額、そして飾り棚に自作の縮緬細工を設えた。
       相も変わらす毎年定位置に納まったもの達、私だけが納得している正月飾りなのだ。

       DSCF3338.JPG

       DSCF3332.JPG
       お節の必需材料は今晩にでも書き出しておこう。

       捨てかねし物の多さよ年の暮れ     ふきのとう

       
posted by ふきのとう at 11:10| Comment(4) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
お正月の設え、ふきのとうさんらしくてステキですね。
落ち着いた良いお正月ですね。
我が家ときたら、去年から私の体調もあって、飾り付けもお節も、いたって簡単です。
前から大したものは作っていないのですが、甘えてしまっています。
元気でお正月が迎えられることに感謝しています。
私は何も準備をしていないためか、まだ年末の気分になれないでいます。
Posted by ター at 2016年12月26日 21:18
暮らしの節季を大事になさるふくのとうさんに感服です。
明日、納めの句会ですので・・「煤逃げ句会」・・それが終わったら考えます。
そうですね、額くらいは新しい年向きにしなくては。
今年は赤ちゃんが居ていつも来る娘夫婦が来ないので料理もいい加減になりそう。
でも、新年を迎えられるだけでも少し幸せ気分になりそうです。
Posted by KUMI at 2016年12月27日 23:37
ターさん
新しく買うものは何もなく正しく十年一日の書画と細工物です。
それでも新年を迎える気分が出ますから不思議ですね。

ご自身のお体の調子を最優先にされて新しい年の為に備えて下さい。
夫も大事にしてポチポチ動いています。
Posted by ふきのとう at 2016年12月28日 14:47
kumiさん
新しく買うものは輪飾りぐらいのものです。
何年も定位置に納まる自己満足の新年の為の飾りです。
私の暮しのけじめなだけで大したことではありません。

赤ちゃんにはこちらから逢いに行かれるから嬉しいですね。
Posted by ふきのとう at 2016年12月28日 14:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: