2017年01月12日

紅梅

            ふふみ始めた紅梅

           先がけてひらく紅梅女児誕生   ふきのとう

       DSCF3399.JPG

       平成14年12月22日、ただ一輪の紅梅が咲いた。
       この日の朝息子に長女が生まれ「ゆくり」と命名された子も、今年15歳になる。
       今日まで後にも先にも12月に紅梅が咲いたのはこの日だけのこと。
       違和感のある名前にも今ではすっかり馴染んだ。
       今朝、庭に目をやると色付いた蕾が沢山ある、明後日あたりには開花するだろう。

       DSCF3392.JPG

       DSCF3395.JPG

       午後は年末年始とお世話になった台所のガス周りの掃除をする。
       築48年にもなる台所だがもう少し私と共に元気でいて貰わなくてはならない。

          春立つや火伏の護符の筆太に   ふきのとう
posted by ふきのとう at 19:17| Comment(8) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
使い込まれたお鍋ピカピカに磨かれて喜んでいますネ

またまた偶然「河津桜」ですがピンクの蕾の事を
載せました!!
Posted by 助っ人“恵” at 2017年01月12日 21:58
さすが暖かいところですね。紅梅がこんなにもふくらんで。我が家の辺りの紅梅ではまだまだ色らしきものは皆無です。今夜は雪かなという心配も。
お孫さんが15歳とか、偶然ですが我が外孫も今年15歳。もっとも坊主です。
磨きこまれたキッチン、羨ましい。ふきのとうさんはなんでも完璧ですね。
Posted by octpus11 at 2017年01月13日 07:53
助っ人“恵”さん
もう河津さくらがですか!
冬将軍がやって来つつも、確実に春に向かっているのですね。
河津さくらが咲くと「ああ、春だ!」と思いますね。
Posted by ふきのとう at 2017年01月13日 18:20
あら!偶然ですこと!
15歳の男子、何かと頼りになりますね。

暮れからひどく汚れましたので、思い切って取り掛かりました。
エンジンの掛かるまでが時間が掛かります。
綺麗になった気持ち良さが中々持続しないので.....。

Posted by ふきのとう at 2017年01月13日 18:24
河津桜は近所にもありますが、私は法多山へゆく道路の並木を毎年楽しんでいます。
Posted by 秋山白兎 at 2017年01月13日 20:41
冬来たりなば・・ですね。
一昨日、寒紅梅と思いますが咲いているお宅を見ました。
何しろ寒くて、明日の吟行句会には北海道旅行に行く覚悟です。

丁寧に住まわれるふきのとうさんに本当に頭の下がる思いです。
お鍋は、壁に下げることは出来ない台所の構造。
流し台の下へ収納なのでそれを良いことに、綺麗に磨くこともなく。
暮れの大掃除をしなかったので、ちょっと溜息ついています。

Posted by KUMI at 2017年01月14日 10:36
白兎さん
河津さくら、今では至る所で目にしますね。
何故か門外不出にならなかったのが不思議です。
浜岡砂丘の入り口にこの辺りの人達は見に出掛けているようです。
Posted by ふきのとう at 2017年01月16日 10:45
kumiさん
昔の台所ですので、システムキッチンの据え付けは不可能なため
買い替えも旧式のものしか設置条件に叶いませんでした。
ですから、流し台の下には収納が不可能なため吊るすことにしました。
これが功を成して、横着者の私でもある程度の鍋磨きと掃除を
しなくてはならない羽目となりました。
Posted by ふきのとう at 2017年01月16日 10:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: