2017年03月15日

リベンジ金目鯛

          .....つもりのはずが.....
       先日の吟行先、下田で振られてしまった金目鯛、昨日刺身を買うために
       家から少し離れている魚屋さんへ行った。
       刺身や、思い入れのある魚を買うために何時も行く焼津の魚屋さんだ。
       勿論目当ての刺身を買った後、御前崎港で朝水揚げされたばかりの
       金目鯛が片身づつパックに入って安価で申し分ない大きさ、2パック購入。
       チルド室に仕舞っておいて、今日昼食のために煮つけた、と此処までは良かったのだが
       歯科医院から帰宅した夫が麻酔を3本も打たれ、昼ご飯は食べられないと言うのだ。
       従って私も有り合せのもので簡単に昼食を済ませ、先ほど昼に煮ておいた金目鯛を
       温めて食べたのだが、長時間鍋に入れておいたため、少し身が硬かった。
       それでも下田港の金目鯛の比ではなかった。   ああ、お昼に食べていたら
       これ以上に美味しかったかも知れないと思ったのだった。

       DSCF3595.JPG

       DSCF3599.JPG

       箸使ひ細かに春の金目鯛      ふきのとう

      *金目鯛は冬の季語、わざわざ「春」を入れるほどの句ではないのだが。

       
       
posted by ふきのとう at 18:53| Comment(6) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の大好物、金目鯛のお頭付き・・え!嘘でしょ、という値段ですね。
こちらでは、小さな切り身が2枚で税込1000円はします。
それだけでは、とても夕飯のお菜にはなりません。
やはり、港の近くに住んでいると、魚が美味しく頂けて、羨ましいこと。

ご主人、大変でしたね。
歯の麻酔も結構辛いものです。
でも、私と同じく食いしん坊のふきのとうさんの悔しさも解ります。
Posted by KUMI at 2017年03月15日 23:37
さすが海の近くにお住いのゆえですね。魚好きの家人が聞いたら羨ましがるかことでしょう。
Posted by octpus11 at 2017年03月16日 08:15
kumiさん
金目鯛で名高い下田では高額でした。
吟行で同席した方が「御前崎の金目が美味しかった」と
話されましたので早速買ってみました。
恥ずかしいことに、御前崎で金目鯛が漁れることを
この日まで知りませんでした。

私の食い意地のパワーを俳句に注げたら怖いものなしだとつくづく思います。

「安かったから買って来たわ!」と言えるような距離だと良いですのにね。
Posted by ふきのとう at 2017年03月16日 16:45
octpusさん
やはりそう思いますか?
近海物は大凡この程度のお値段ですよ。
子供の時分から大方魚を食べて育ちましたので
筋金入りの「魚派」人間です。
家族から「猫」という綽名を付けられたほどです。
Posted by ふきのとう at 2017年03月16日 16:49
先日ランチに行ったのですが
お刺身は「金目」が多目のツマの上に
申し訳なさそうに二切れのってました

夕食は「ブリかま」の塩焼きでした
最近はお魚が多くなりました
Posted by 助っ人“恵” at 2017年03月16日 22:03
助っ人“恵”さん
金目鯛のお刺身、美味しかったですか?
魚派の私は、日に1度は魚を食べています。
干物、煮魚、時々刺身です。
Posted by ふきのとう at 2017年03月17日 07:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: