2017年03月17日

春の小川は....

           ....さらさらいくよ.....
        アブラナにも多くの種類があるようだが、毎年身近に群れ咲く
        この花は、枯れた小川の土手を彩ってくれて嬉しい花だ。
        ただ、私が全く花粉症には無縁の人間だからかもしれない。

        DSCF3622.JPG

        DSCF3625.JPG

        葉にはかなりの苦みがあるが、花を時々失敬してすまし汁に入れたりして楽しんでいる。

        昨日今日、草取りをしているのだが、今日の午後は風が出てきて、しかも冷たい風
        急くほどのことは無い、今日は午前でお終い。

        DSCF3619.JPG

        DSCF3601.JPG

        DSCF3608.JPG

        庭にバイモ、やシラユキゲシなどが咲き始めたから季節は確実に進んでいる。
        ツリバナ、トサミズキも咲いているのだが何回撮っても上手く撮れない。
  
        夫の言ふ貝母の花の咲きしこと      ふきのとう
        風の意にそひて揺るるよ花貝母      ふきのとう
        

        
posted by ふきのとう at 13:22| Comment(12) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
色々と咲き出していますね。
草取り、本当に大変そうですけど、お花に逢うためでもありますね。
貝母も、もう咲いている・・暖かいのですね。

花粉症も、最近は良い薬のおかげで去年からとても楽になりました。
でも、目には効かず、痒い痒い・・
と思いつつも、この時期は暖かくなったら花に逢いたいので出かけます。
Posted by KUMI at 2017年03月17日 16:12
kumiさん
草取は比較的好きなのですが、この季節の風は
以外につめたく、動かしている手などは良いのですが
背中の寒いのは応えます。
夏の早朝の草取りなどはとても気持ちが良く充実します。

ラジオなどで花粉症の薬など紹介されますが
以前よりはるかに良薬が出ているようですね。
Posted by ふきのとう at 2017年03月18日 17:36
お宅の庭には珍しい草木がいろいろなんですね。貝母は俳句でも耳にしたことがありますが、シラユキゲシ、ツリバナは初めて知りました。その都度調べて勉強になります。
Posted by octpus11 at 2017年03月19日 08:19
いろいろな花が咲いていますね。
酷い眩暈に襲われましたがようやく収まりました。
MRIも撮ってもらいました。
Posted by 秋山白兎 at 2017年03月19日 10:16
こんにちは
菜の花が咲いて春らしい景色になってきましたね。
バイモユリが今年も咲きそうもないので、調べてみました。
どうやら私の庭は肥料不足のようです。
山野草にはあまり肥料はやりたくないし、難しいです。
やっぱりどんな花も肥料不足は花が少ないようです。
植える時にそこまで考えて植えれば良かったけれど、いただくと空いている所に植えてしまいます。
庭造りはまだまだ未熟ですね。
Posted by ター at 2017年03月19日 18:09
octpusさん
登山をしていた頃に、山で出会った木々で好きな木を
植えたのが始まりです。
ツリバナも、これから咲くアズキナシも葉も実も楽しめて
好きな木の代表格です。
殆どの木が何十年も経っていますので、途中枯れてしまったり
大きくなり過ぎて止む無く抜いた木もあります。
Posted by ふきのとう at 2017年03月19日 19:23
白兎さん
MRIの結果のよい事を祈ります。
草花の少ない庭ですが、クリスマスローズが
精一杯咲いてくれて、心を癒してくれています。
Posted by ふきのとう at 2017年03月19日 19:26
ターさん
家の横の小川の堤に咲いて炒るアブラナです。
貝母は花が長持ちしませんが、次々に咲いてくれます。
山野草の肥料は難しいですね。
私の場合果粒の化成肥料を年2回ほど撒いています。
花の終わった後と、冬に入る前です。
Posted by ふきのとう at 2017年03月19日 19:31
いつもきれいにされてますね
Posted by 山水 at 2017年03月21日 12:54
MRIには異常なしでした。年齢の割には血管がきれいだと医師から言われて喜んでいます。
眩暈も収まっています。
Posted by 秋山白兎 at 2017年03月21日 18:04
山水さん
山野草など育ててみたいのですが、狭い庭ですので
限られてしまいます。
少ない花でも、季節を伝えてくれるのは嬉しい事です。
Posted by ふきのとう at 2017年03月21日 19:26
白兎さん、
よかった、安心いたしました。
引き続きお大切に。
Posted by ふきのとう at 2017年03月21日 19:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: