2017年03月30日

満開好いけれど

                  花三分

       
       満開の桜も美しいが、目を凝らしてみるには三分咲きから五分咲きが好い。
       以前にも紹介した茶房「椿」の桜に逢いに出かけた。
       私の好みの三分咲きであった。満開よりも凛として美しいと思う。
       満開のさくらは一目見て「ああ、桜」と思い、三分から五分咲きの桜には
       一房の在り方を目を凝らしてじっくり見るからだ。

       DSCF3646.JPG

               今日の玄関の設え
       DSCF3648.JPG   

       DSCF3667.JPG

       DSCF3658.JPG

       DSCF3663.JPG

       桜大樹が2階のベランダに枝を広げ咲き始めていた。

       2階でのランチも可能だが、足に自信のない夫が階下で食事をすると言うので
       食後の珈琲だけは1人、2階で楽しんだ。近くの公園の丘に咲く山桜も見え
       三分咲きの花を頭上に、誰にも邪魔されることなく贅沢なひと時となった。
       淡墨桜と聞くので、散り際の薄墨色にも是非お目に掛かりたいものだ。

       無心とも在らねどひとり花下に座し     ふきのとう

       数年前の大病から「桜」は節目の花となり、それまでの桜に対する気持ちの
       置き方は私の心の中では「観る花」ではなく「逢える花」となった。
  
posted by ふきのとう at 16:01| Comment(8) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今迄二人が当たり前と思っていましたが
夫の入院自身の入院を経験して
二人で生活出来る事を有難く思います

31日から静岡祭り
4月1日から浅間神社の廿日会祭と市街地が
賑やかになります
Posted by 助っ人“恵” at 2017年03月30日 21:48
春らしい雰囲気のある茶房ですこと。
まさに春来たる、を楽しめる貴重な時間ですね。

毎年桜に出逢えるのも、生きている証拠。
去年は姉のことで駈けずり回っていて、桜の記憶がありません。
今年は何とか取戻し、自分のために楽しみたいと思っています。
一年後のことなんて、本当に誰にも解りませんね。
Posted by KUMI at 2017年03月30日 23:51
素敵な茶房ですね。「観る花」ではなく「逢える花」とおっしゃる気持ち、よくわかります。闘病中の夫の友人が冬の頃「まず桜を観ることが目当て」といっておられましたが確かに桜は節目です。
Posted by octpus11 at 2017年03月31日 08:25
助っ人“恵”さん
「当たり前」が本当に幸せですね。
大病はしないければ幸せですが、それで得た大切な事もありますね。

2人で1人分になってしまいましたが、それはそれで
幸せな事です。
Posted by ふきのとう at 2017年03月31日 15:19
kumさん
オーナーの良いセンスが所々に出ていて、大人向きの
とても居心地の良い茶房です。
近距離でしたら待ち合わせ出来ますのに残念です。

今日元気ですから、明日はたぶん大丈夫としか言いようの
ない年齢になってしまいました。
きっと「桜」を節目の花と思われる方も多くいらっしゃることでしょう。
Posted by ふきのとう at 2017年03月31日 15:24
octpusさん
はい、とてもセンスの良い大人向けの茶房です。
茶房ですが予約すればハンバーグランチやサンドイッチも頂けます。

節目の花になるだけの要素が桜には備わっているように思います。
私の場合、検査で行ったカテーテルのアクシデントによるものでしたが
12月の事でしたから翌年の桜の開花までには歩けるようになりたいと
一心にリハビリに励んだのでした。
失った言語と、半身の麻痺、お蔭様でほぼ元通りになりましたが
左半身には、今でも自信がありません。
Posted by ふきのとう at 2017年03月31日 15:31
3分咲き好み味わい深く何とも粋ですね
Posted by 山水 at 2017年04月07日 13:55
山水さん
吉野山の「一目千本も」壮大ですが、ただ一本の桜
しかも三分咲きですと、凝視してみますので、印象が
深くなります。
とても初々しい桜でした。
Posted by ふきのとう at 2017年04月07日 18:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: