2017年05月04日

我が町逍遥

              林泉寺、小山城、そして万代の池
        約束時間より早めに句友たちがやって来て、早めの出発となった。
        私と同齢2人、3歳上1人の4人の吟行の始まりだ。
        先づ林泉寺の長藤と今日の主要の十王堂へ向かう。
        句友の1人が仏像に造詣が深く、先日見た時よりも念入りに拝観。
        そして小山城へ。何時でも行けると思っているため、とんとご無沙汰
        展示物も増えて以前よりも充実感を得た。句友同士なので捉えどころも
        共通していて時間をかけて鑑賞、天守閣に登って家の在る方角を見る。

        DSCF3852.JPG

        DSCF3858.JPG

        DSCF3857.JPG

        天守台から見下ろした2つの風景、このどこかに我が家があるはずだ。
        以前ここに備え付けてある遠眼鏡から眼下を見下ろした知人の1人が
        「お宅のご主人が縁先で爪を切っているのが見えた」と
        まことしやかに言った言葉が今も仲間内で伝説になっている。
        その実良く見えるので、句友たちも驚いていた。 城を下り、能満寺の蘇鉄を見る。

        DSCF3843.JPG

        DSCF3847.JPG

        この蘇鉄、駿府の家康に所望され、寺から駿府城に移したところ、毎晩のように
        「お寺に帰りたい」と泣く蘇鉄を哀れに思い、ここ能満寺に帰されたと言う伝説がある。
        「泣いた蘇鉄」として夙に有名な、日本三大蘇鉄の1つだ。
    
        そして、町の天然記念物の「萬年家の皐月」へ、残念な事に季節が早すぎて咲いてはいない。
        それではと、私のとっときの場所、万代の池を案内した。

        DSCF3865.JPG

        この近くに生家の茶畑があり、子供の時分はこの池の周りで、花を摘んだり
        沢蟹を捕ったりして日の暮れるまで遊んだものだ。私の句の中の「隠沼」の原点の池だ。
        近くに茶畑が有ったからこそ知っているが、この池の存在は知らない人の方が多い。
        夏鶯が盛んに鳴き、山藤も湖面に枝垂れ咲き、改めて美しいと思った。
        主要の十王堂よりもこの池が一番良かったと皆口々に言ってくれた。
        昼食の鰻重も申し分の無い美味しさ、充実の小吟行となった。

        隠沼の水尾のふたすじ残り鴨     ふきのとう
        
posted by ふきのとう at 09:48| Comment(8) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
藤のお寺だけでなく、あちこちと廻っているのですね。
新緑の眩しい時期、どこへ行っても句になりそう。
沼の雰囲気もとても良くて、いちばん吟行には向いていそうですね。
不思議なもの、句友と歩いていると俳句は作れます。
でも、どんなに良い風景の中に居ても、家族や他の友達と一緒では句になりません。

最近は、一人で歩いていても句になりません、困ったことです。
Posted by KUMI at 2017年05月04日 16:04
「小山城」が初耳でしたので調べてみました。信玄公ゆかりのお城なのですね。ああ、この辺りにお住いなのかと地理的な関係もわかりました。昨日はいい陽気で絶好の吟行びよりでしたこと。しっとりとしたいい句が出来ましたね。
Posted by octpus11 at 2017年05月05日 07:20
kumiさん
見慣れた風景も、句友たちと一緒ですと凝視しますし
見所も合いますしとても良い銀行になりました。
この隠沼の夕月を見たいと長い間温めているのですが
あまりに人里離れていて、その勇気がないのです。

改めて15日がこの日の吟行句7句の句会があります。
Posted by ふきのとう at 2017年05月05日 08:04
octpusさん
歴史はありますものの、築城は昭和の末期ですから
風格には欠けるかも知れません。
中学時代の陸上部の鍛錬場として馴染の場所でもあります。
句友と一緒の所為でしょうか、結構な収穫もあり
灯台下暗しとはこの事と改めて感じました。
Posted by ふきのとう at 2017年05月05日 08:11
万代の池良さそうですね どのあたりにあるのでしょうか
Posted by 山水 at 2017年05月06日 22:38
山水さん
万代の池の正式名はハツノ谷池と言うようですが
池のある場所が坂部の万代と言う場所ですので
土地の人達は皆万代の池と呼んでいます。
吉田町の焼却場を目指すと解りやすいと思います。
焼却場を右に見てて、細道に入り林沿いに下ります。
Posted by ふきのとう at 2017年05月07日 08:53
こんにちは。
近くにお城ですか。天守閣からの眺望素晴らしいですね。お宅が見えるのですね。
歴史的にも由緒ある土地にお住まいなのですね。
今は茶畑が綺麗でしょうね。

Posted by みちくさ at 2017年05月07日 15:29
みちくささん
大きなお城ではありませんが家からも見えますし
徒歩で20分ぐらいの所にあります。
今、青葉がとても美しく、城を囲むようにある
茶畑も1年中で1番綺麗な季節です。
この季節の田舎暮らしの醍醐味でもあります。
Posted by ふきのとう at 2017年05月08日 22:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: