2017年05月12日

大忙し

               きゃらぶき
     ご近所から頂いた蕗、薄味に煮るには少し細すぎるので、全部をきゃらぶきに。

     DSCF3807.JPG

     昨日から煮はじめて、先ほど何とか仕上げた。
     明日の句会の吟行句は未だ出来ていないのだ。
     なんてったて、花より団子なのだ。

     DSCF3958.JPG

     私の年中行事のひとつのきゃら蕗なのだが、年々手際も悪くなってしまった。
     保存もきくし箸休めには重宝する。お弁当の片隅に入れれば美味しくもある。

     欠伸隠すゆび先蕗のかをりして     ふきのとう
posted by ふきのとう at 18:54| Comment(4) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当に偶然でした。子どもには向かない味かもしれませんが蕗はどう調理しても美味しいものですね。
Posted by octpus11 at 2017年05月12日 21:41
もう、蕗の季節ですね。
筍が終わったら蕗、忙しい季節の移ろいです。

子供の頃、母を手伝って蕗を採りに行き、きゃらぶき作り。
昔の人の知恵ですね。
と思い出しても、私は面倒で、さっと煮ることしか思いつきません。
ふきのとうさんの丁寧な暮らし、感服です。
Posted by KUMI at 2017年05月13日 11:56
octpusさん
「蕗」は季節の代表格の山菜ですね。大好きです。
そして、おかずが物足りない時のひと箸がとても美味しいのです。
先日の川根にも、沢山生えていて羨ましく思いました。
Posted by ふきのとう at 2017年05月14日 07:49
kumiさん
子供の頃も嫌いではありませんでしたが
大人になった今はこの季節に口にしないと何故だか落ち着かないのです。
きゃら蕗も保存が効いて良いのですが
薄味でサッと煮た蕗の美味しさは格別です。
昨日の句会あまり芳しくありませんでした。
Posted by ふきのとう at 2017年05月14日 07:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: