2017年07月10日

秋海棠

                昨年より早く
       対好きな秋海棠が咲き始めた。去年よりも1ヵ月と少し早い。
       歳時記でも花の名の示すように「初秋」の季語だ。
       初秋と言うにもあまりに早すぎる。

       DSCN0153.JPG
       
       <控え目の花だが、雨の日でも意外に凛とした姿を保っている。
       秋海棠といわれればなるほど海棠の花に似たところはあるが、しかし
       この名は適切を欠く。実物にふさわしいもっといい名前にかえられぬものか。>と
       飯田龍太は述べている。
       花の色はよく似ているが葉の形は全く似てはいない。確かに安易な名づけ方とも思える。
       
       今日は娘が夫を見舞ってくれて昼食を3人で食べた。いつもはトーストを1/2しか
       食べないのだが今日は1枚をしっかり食べた。 さすがにスープは少し残したが
       米茄子の田楽も美味しそうに食べてくれた。
       
       沢山の時間が有りながら、最近はあまり読書をしていない。 心身の在り様が左右するようにも思う。
       そんな時は詩集を読むのが良いと解った。(私の場合)
       月岡一治の「明日に向かう駅」この平明な詩は何度読んでも心に響く。

       DSCN0129.JPG

       詩集よむ朝のひととき百合ひらく      ふきのとう

       
posted by ふきのとう at 17:03| Comment(8) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もう、秋海棠が咲いたのですね。
私も好きな花、お寺さんの湧水のところにたくさん咲きます。
まさか、咲いているかしら? でもこの暑さでは行くには遠くて。

本を読まなくなるお気持、解ります。
私は、姉のことが始まって以来、なんと、1年半好きな小説を読んでいません。
時間があっても読む気分が、今もありません。
私の場合は俳句関連本だけは読みます。
作れなくても読んで安心・・なのでしょう。
詩も、すんなりと心に入るものはいいですね。
私もこの詩のように少し、前向きになります。
Posted by KUMI at 2017年07月10日 17:22
月岡一治さん、いつかご紹介していただいた詩人ですね。いい詩ですね。ふきのとうさんには今は大切な課題があるのですから、本などは二の次の問題だと思います。私の場合は空っぽの自分をなんとか支えるために読んでいます。ひとつの精神衛生法です。
Posted by octpus11 at 2017年07月11日 06:33
秋海棠は私の一番好きな花です。
苗を見つけて植えてはみたのですが一回花が咲いて枯れてしまいました。
日影が好みな花なので我が家では育たないのかも知れません。
近所でも秋海棠は見ないので幻の花だと思っています。

ふきのとうさんは詩集に心を癒されて…何よりです。
私も病身の夫と静かに暮らしている身なのであまり周りに目が行きません。
単純なお笑いが今は一番です。
ご自愛ください。
Posted by あずき at 2017年07月11日 08:21
kumiさん
1週間も前からです。
余りの早さに驚きました。
実物はもう少し紅が濃いのですが、上手く撮ることが出来ませんでした。

kumiさんもそうでしたかでしたか、安心しました。
不思議なことに様々忘れることが多い中、俳句に関することは
不思議と脳内に残っているのです。
仰るように安心なのです。
Posted by ふきのとう at 2017年07月11日 08:53
octpusさん
はい、そうです。
「明日へ向かう駅」の一冊です。
手持ちの本の多くを処分しましたが、残して措いた一刷です。

大切な課題、確かに確かに!私なりに果たします。
有り難うございます。
Posted by ふきのとう at 2017年07月11日 08:58
あずきさん
写真、特に私の写真ではこの花の美しさを
お伝え出来ないのが残念です。
俳句を始めたばかりの頃、御岳山の宿坊に咲いていた
秋海棠の美しさは格別でした。
背景も良かったからでしょうか。

Posted by ふきのとう at 2017年07月11日 09:05
質素なお花だから 多くの俳人に好まれるのですね。

俳句は難強いでしょうね。
 季語をいれて 感情はいれてはいけないんでしょう?
 言葉が少ないだけ とっても 難しいと思います。

その時どき で 日記にもなりましょうね。
Posted by 羽衣 at 2017年07月12日 16:38
羽衣さん
繊細で且つ楚々としたこの花は和風、洋風を問わず
どちらの庭も叶い
その嫋やかさは多くの茶人、俳人に好まれる由縁でしょう。
その昔、嫋やかで美しい女性の代名詞でもあったようです。

俳句、是非挑戦してみて下さい!
秀句、駄句の違いがいつまで経っても解せない私ですが
仰るように17文字の日記と思っています。
Posted by ふきのとう at 2017年07月13日 09:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: