2017年07月23日

企業のセール

                    銅鐸
      近くに在る大手企業のセール、娘がやって来て招待状があるからと連れて行ってくれた。
      夫の面倒は高校生の男子と小5の2人がしてくれると言う。
      衣類、家具、バック、装飾品や雑貨など販売する倉庫はごった返している。
      気分転換に良いと誘われはしたものの、残念ながら状況上、購買欲が無い。
      そこで只一つ、目に付いたのが写真のミニチュアの銅鐸だった。

      DSCN0195.JPG

      声の小さくなった夫の呼ぶ声が時に聞こえないこともあり、「そうだ、これを振ってもらおう」
      とすぐさま思った。
      左右の鰭の数も8つと縁起も良い。少し重たいかとも思ったが音色もすこぶる良く遠くまで届きそうだ。
      娘家族の誰もが「〇〇爺に相応しい」と好評だ。そして何より夫が気に入ってくれた。
      10×7cmの大きさだが、枕元に置くにはちょうど良い大きさだ。
      部活で後からやって来たもう1人の高校生と7人の夕食、久しぶりに私も通常の食事をしたのだった。

      風鐸の涼しき音に呼ばれたり       ふきのとう
      
posted by ふきのとう at 12:43| Comment(10) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
銅鐸を呼び鈴に使う発想が素晴らしい
弥生時代の「神事」に使われたと言われていますので
魔除けになると信じます
大勢での食事ご主人も食が進んだでしょうね
Posted by 助っ人“恵” at 2017年07月23日 21:57
いいお買い物でしたね。娘さんやお孫さん、みなさんがご主人やふきのとうさんをいたわっておられる様子がよくわかります。
Posted by octpus11 at 2017年07月24日 05:18
良い買い物をされて良かったですね。
娘さんご一家との夕食、時に気分転換も必要です。

良い俳句ですね、穏やかで静かで、風鐸の涼やかな音色が、、、
ふきのとうさんの俳句の世界ですね。
Posted by あずき at 2017年07月24日 05:39
かわいい風鐸、闘病の友、になりそうでご主人も心和らぎますね。
夏休み、お孫さんも協力してくれて、暖かいご家族に恵まれて。
ふきのとうさんが夏負けしませんように。
時には若い方と一緒の食事も必要ですね。
私も食が落ちて、今日の朝食は梅干しで済ませてしまいました。
Posted by KUMI at 2017年07月24日 11:13
助っ人“恵”さん
銅鐸と言いましも形を模した小さな鈴です。
そう、私も魔除けになればと思っています。
常人でもこの厚さに食欲も湧きませんので大変な事です。
気の紛れることは嬉しい事です。
Posted by ふきのとう at 2017年07月25日 14:09
octpusさん
来てくれて気も紛れ嬉しかったのですが
帰られた後、いつもですとホッとするのですが
今の状況ははとても心細いのでした。
Posted by ふきのとう at 2017年07月25日 14:12
あずきさん
久し振りの気分転換でした。

掲句、状況を知らない方には難解かとも思いますが
看取りの日記と思っています。
Posted by ふきのとう at 2017年07月25日 14:15
kumiさん
好い気分転換になりました。
夫に正面から向き合わないで済みましたので
心の負担が少し軽い様思いました。
ほんの束の間のことですが。
Posted by ふきのとう at 2017年07月25日 14:18
最近のお邪魔  ですので 事情は 分かりませんが、
旦那様が 伏せられておいでなようで。
 風鐸 小さくて かわいいですね。
なにか 写真で見ますと 歴史があるようで。
(風鐸)検索してみました。 知らなかったので。
お寺のひさしに下げてあると・・

私も母を引き取った折 小さなベル(学校の用務員さんが鳴らしたような)を置きました。
  
ご自愛くださいね。
Posted by 羽衣 at 2017年07月25日 16:43
羽衣さん
ええ、夫の自宅療養中です。
お母様の看取りをなさったのですね。

看取り1年生で酢ので、手探り状態です。
Posted by ふきのとう at 2017年07月26日 08:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: