2017年08月13日

恩師の死

               神蔵器先生との思いで
      器先生に初めてお目に掛かったのは、結社に属して間もない頃のことだった。
      鞠子路を吟行される時のこと、グレーのトレンチコートに身を包み葉巻をくわえて
      駅の階段を下りてくる師は、洋画の一齣を彷彿とさせる思いだった。
      それから私が大病するまでの15年間を師の結社で俳句を学ぶこととなったのだった。
      師の右腕とも言はれている方が田舎から出てくる私への気遣いをしてくれて、
      事あるごとに先生と同伴させていただけたのだった。
      かと言って馴れ馴れしくすることは極力避け、私はいつも末席に座るように心掛けていたのだった。
      ところが或る日、師が私の横に座ろうとするので、私は席を立とうとバックを持って
      腰を上げた途端「どうして逃げるの?そこに座っててよ」と言はれ、どぎまぎしたのが始まり
      その後なぜか師の隣に座る事になったのだった。
      「〇〇さん、先生のご贔屓だわね」と冗談で周りの人に言はれることもあり、そんな時は
      「私の声は大きいから先生が聞きやすいからよ」と答えていた。
      夫の趣味の焼き物の事、ビキニデーには久保山さんの事などよく電話も頂いた。
      大好きな珈琲に話が及ぶと「いらっしゃいよ、ハワイコナをごちそうするよ」で終はるのだった。
      9月には「器先生を偲ぶ会」が新百合ヶ丘で行はれ、案内状も頂いている。
      万障繰り合わせて参加出来たら嬉しいと思っているが夫の事も有り解らない。

          夏の星我に幻のハワイコナ      ふきのとう

          師は7月26日黄泉に発たれた。
      
posted by ふきのとう at 17:33| Comment(4) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「風土」に所属されておられたのですね。「師弟の仲は恋に似て」という一句の一部を覚えているのですが、心から敬愛できる師を持たれたのを羨ましく思います。こちらの性格のせいでしょうが、とうとうそういう出会いにめぐりあいませんでした。それだけは残念です。
Posted by octpus11 at 2017年08月14日 06:18
ご立派な先生でした。

神蔵器さんとの思い出は宝物になりましたね。
しのぶ会、何とか出席が叶いますように、と祈っております。
Posted by あずき at 2017年08月14日 09:44
octpusさん
何人かの俳句の師を存知ておりますが、私の中では
俳句も人柄も申し分なく好きな先生でした。

結社は杉並でしたので、ある意味距離感、そして他の会員との距離感も幸いしたように思っています。
この結社での学びは今日までの人生の中で最も充実していたように思います。
Posted by ふきのとう at 2017年08月14日 11:49
あずきさん
器先生の句をご覧いただいていたのですね。
ご縁を感じます。

そう、私の宝物のような時間でした。
福島、佐原市、伊豆、箱根にと、ご一緒の旅の思い出が
昨日のことのようです。
Posted by ふきのとう at 2017年08月14日 11:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: