2017年08月15日

何か摂らねば

               お好み焼き
       優先順位が夫の日常、時に食事をとりわすれたり、夫の食べ残しの始末で
       済ませる日々が続き、これは良くないと思い、野菜も肉?同時に摂れる
       お好み焼きを思い付き、この暑いのに自分の為に久しぶりのお好み焼きを。
       50年も前の大阪時代が脳裏を過る、ご縁のあった「皆さんお元気かしら」と。

       DSCN0197.JPG

       山芋の代用にはお豆腐を、代用食めいてはいるが、キャベツ、もやし
       烏賊、ベーコン、海老など残り物の整理も出来て「ほっ!」です。

       炎昼の油ころがすフライパン      ふきのとう
posted by ふきのとう at 09:10| Comment(8) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分だけのための食事、なかなか作れませんね。
冷蔵庫の始末には、良い方法。
私はコナものが苦手ですから、きっと、野菜炒めになってしまいます。

夫の入院手術が近づいていて、入院したら一人で冷奴ばかりになりそうです。
胃ですから、退院後の食事療法が面倒です。
Posted by KUMI at 2017年08月15日 14:11
ご主人の食事の献立大変ですね、
ご自身の事も大切になさって下さい
夕食の献立はキャベツたっぷりの焼き肉でした
最近酢の物が多くなりました
お好み焼きはあまり作りませんが作り方は
生地に全て入れて焼きますだから厚みは有りません(自己流です)
    
Posted by 助っ人“恵” at 2017年08月15日 21:55
美味しそうなお好み焼きですね。

我が家も夫中心のメニューです。
最近はそれもおろそかに・・・私の方が参っていて納豆ばかりです。
規制ばかりで・・・何でも食べることができた若い頃が良かったです。

御句素晴らしいです。
フライパンを斜めにしたりして油をひく、日常の何気ない生活の慎ましいスケッチですね。
Posted by あずき at 2017年08月16日 06:13
美味しそうなお好み焼きもさりながら、この一句いただきました。じわじわとした炎暑の気分がよく伝わってきます。
Posted by octpus11 at 2017年08月16日 07:12
kumiさん
そうです!冷蔵庫に眠っているもの何でも来いです。

ご主人様、入院されるのですね。
1人の食事はどうしても「あるもので」で済ませてしまいますね。
私の様に「猫まんま」よりはお豆腐の方が体には良いでしょう。
Posted by ふきのとう at 2017年08月16日 08:11
助っ人“恵”さん
夫には食事制限はないので助かりますが
好きな物をほんの一口、二口なのです。
食欲のない夫を見ていますと、私の食指も衰えてしまいます。

ベーコンを敷いて、後はやはり粉と混ぜたものを載せて焼きます。
これに、卵を載せて焼きますと大阪では「ぶたたま」となるのです。
Posted by ふきのとう at 2017年08月16日 08:15
あずきさん
即吟でも佳句に恵まれることも稀にありますかしら。

夫は大腸に腫瘍が有るため、食事も細くなってしまいました。
ただ、口から食べるひと口は点滴の数倍の効果があるようです。
Posted by ふきのとう at 2017年08月16日 08:20
octpusさん
ありがとうございます。
ブログの句は、全て即吟なのですが、稀には投句出来る句に恵まれることもあります。
深く考えれば考えるほど解らないのが俳句のように思います。
推敲過多でとんでもない句になる事も有れば
浮かんだままの句が最善ということもありますね。
Posted by ふきのとう at 2017年08月16日 08:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: