2018年05月21日

花巻へ

所用で花巻まで参りますので、暫くお休みさせていただきます。
posted by ふきのとう at 22:01| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月28日

砂糖花

            すみれ
    朝、無性にパンを食べたくなってコンビニまで。

    DSCN0770.JPG
    
    有りました!私の好きなパン!日常の殆んどを米食、生涯どれだけの米を食べるかと思う程。
    ごく稀にパンが食べたくなる時があるのだ。レタスとブロッコリー、若布を湯に潜らせ、ゆで卵で
    朝食をそそくさと済ませ、家の庭に咲いたスミレを摘んで砂糖花を作った。ある意味で私の年中行事だ。
 
    DSCN1462.JPG

    DSCN1465.JPG

    DSCN1464.JPG

    見た目は魅力的だが、ほのかに甘いだけの、美味しいと言えるものではないが、紅茶との設定を
    「季節感があっていいね〜え」と夫には好評だった。
    そして本日は体調がすぐれないと言う、ブログの友人をお招きしようと思い、友人と夫と私の分の
    紅茶を淹れる事に。***さんようこそ!召し上がれ!気分転換が図れるとよいのだが.....。

     旧姓のふと恋しかりすみれ草  ふきのとう

    
posted by ふきのとう at 17:01| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

一足早く

                 七草粥
     昨日嫁からメールがあり、今日あきる野市から息子家族がやって来た。
     ならば、明日の七草粥を本日、と思い、今朝、家の周りの畦道を一巡、芹、薺、御形
     蘩蔞、仏座、を摘み、あとは家に有る蕪と大根に餅を入れて...。

     DSCN0983.JPG
     
     どこのお宅でも、7日の朝の行事と思うが、我が家は毎年7日の夜の行事だ。
     11月に結婚、翌年の1月7日の朝の七草粥を食べた夫は、「ゆっくり食べたいから
     来年からは夜にしてくれないか」と言うのだった。それ以来、昨年まで「七草粥」は夜の
     行事となった。私としては、久しぶりに息子に食べさせたいとの思いであったが、果たして
     「我が家も夜にしてます!〇〇さんが(息子)がゆっくり食べたいって言うものですから」
     と、言うではないか。「あらっ!若いのに偉いわねっ!ありがとう!」聞けば家族全員が
     大好きで、夜ゆっくり食べるのだと言う。若い嫁だから「七草粥は作らないだろう」と言う
     私の浅はかな勘が見事にはずれたのだった。こんな嬉しい「はずれ」はない。

     「小学校の時さぁ、先生が『今朝七草粥をたべましたか?』て聞くんだよねっ、夜に食べる
      て言ったらさ、ええっ!どうして?てって言うんだ、困っちゃったよ!」と息子が言った。
     そう言えば、娘の家も、娘が嫁いでから夜にしているという。
     
     写真を撮り忘れ、見苦しい写真となってしまった。3合焚いた粥を5人でたいらげた。
     DSCN0996.JPG

     高すぎるベット、重くなった居間の引き戸の調節、パソコンに向かう時、足元に
     暖を取るための電気ストーヴ、灯油の補給などしてくれて、子供の部活があるからと
     泊らず、先ほど帰って行った。

           末の子にひと足早きなづな粥   ふきのとう

     


     

posted by ふきのとう at 23:03| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする