2017年10月19日

御山洗

            今朝の富士山 10月18日
   週2回のゴミ出し、自転車で田圃道を行くのだが、行きは富士山に背を向けて
   帰りは田圃道の正面に富士山を観てペダルを踏む。2日続きの「御山洗」の後の富士山は見事だった。
   黒々と何時もの何倍もの大きさで、雄々しいのだった。
   晴れている日の早朝、富士山を見ることは夫の習慣になっていたから、今朝の富士山を見たら
   なんと言っただろう。たぶん「お母さん、早く早く!」早朝、外で呼ばれたら、これは富士山のこと。
   今朝の富士山もきっと「お母さん!早く早く!」と言ったに違いない。
  
               家の和室から
   DSCN0382.JPG

   此処に家を建てた頃は大井川の堤防も見え、富士山の全容を見ることが出来たのだが
   その後工場や住宅が立ち並び、以前の様にすっきりとした富士山は望めないが、障子を開ければ
   富士山が見えるのは有り難い。

        金輪際御山洗の後の富士     ふきのとう
posted by ふきのとう at 07:37| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

仏壇の置き場所

           北向きは良くない?
   生前夫も私も仏壇の置き場所(向き)はあまり気に掛けてはおらず、届いた仏壇はCDコンポの続きに
   北向きで置いていた。気に掛けてはいないと言っても、北向きでない方が良いことぐらいは解っていたが
   暮らしを優先すれば、仏壇に叶う置き場所とは言えないこともありうるだろう。
   87歳になる姉は北向きに置いている仏壇を非常に気にしていて「他に置き場所がないの?」
   我が家にやって来るたびにそう言うのだった。「いいのいいの、未だ誰も入っている訳じゃないから」と  
   答えていたのだった。。図らずも夫が先になってしまったが、いざとなると姉同様に気になるのだった。
   そしてリビングの窓際に近い場所に東向きで納まった。

   DSCN0377.JPG

   リビングは南向き、手前の椅子が私の指定席、その向かいの椅子に夫が坐り、単身赴任
   出張以外は別として、この家に暮らしてからの46年間を同じテーブルと椅子で暮らしてきた。
  
   雑多な場所と言へばそうであるけれど、食事する時も話しかけたり、お茶や、お3時もお相伴してもらえる。
   先日姉が来てくれて「〇〇さん、良いところに納まったね〜ぇ!」と言ったから「そう?食器棚も流し台も
   見え見えだわねっ!」と言ったら「大丈夫、仏様は賑やかな場所が大好きだって言うから」と言うのだった。。
   位牌の戒名が仕上がったと、届けてくれたご住職に「南向きにできるといいのでしょが.....?」と
   言うと「いいじゃないですか!本山の妙心寺に向かって、お手を合せることになりますから」と言ってくれた。
   要は東西南北、何れの場所であっても「心」が大切である、とい言うことであろう。
   仏壇が必要であるか無いか話し合った時も「残された者の依代、拠どころ」として必要であろうと、考えが
   合致して購入したのだった。仏壇が届いた、日自己中心の私は「ねえ!私が先にお仏壇に入ることなっても
   お3時、1人で食べないでどんなに小さななものでも半分づつにしてお仏壇に上げてね!」と言った。
   「はい、はい」いつも通り無難な返事が返ってきたのだった。
  
       生前の慈顔に目見え貴船菊      ふきのとう
   
   家の中で最も多く過ごす場所だから、今日の私の行動、訪問者など、一目解ることだろう。
posted by ふきのとう at 09:20| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

母に代って

ブログゲストの皆様
父が23日黄泉に発ちました。
とても静かに父らしい旅立ちでした。
ブログにお出で下さる皆様にとても助けられたと母は申しております。
そのうち母が皆様の許にお邪魔させて頂くものと思います。
その時が来るまで、ブログがお休みとなりますが、再開の運びとなりました折には
どうぞよろしくお願い申し上げます。
なお母は、思いのほか気丈に父を送る段取りを致しておりますのでご心配なく。

ふきのとうの娘
posted by ふきのとう at 18:16| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする