2017年08月03日

冬瓜

                 川の堤に育つ
      家の横にある川巾3メートルほどの堤に今年も1本の冬瓜の苗が育つ。
      例年楽しみにしていて、早く気付くのだが、色々あって気付いた時には花が咲いていたのだった。
      今朝久しぶりに覗いてみると既に幾つか実を結び大きいものは近々収穫してもよさそうだ。

      DSCN0200.JPG

      DSCN0157.JPG

      DSCN0199.JPG

      果たして成果はいか程か、生りすぎでも困るが、上げれば喜んでくれる知人も何人かいる。
      いずれも1/2、または1/4割にしてのこと。私自身も1つを食べきることは誠に困難なのだから。     

          冬瓜の一つもらふは大きかり    ふきのとう  
      
posted by ふきのとう at 08:29| Comment(8) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

音楽の教科書

               小学五年生

       DSCN0174.JPG

       娘家族がやって来て、5年生の女の子は「〇〇じいじに聴かせたいからと
       リコーダーもって。

       「伊風堂々」生活発表会で演奏すると言う曲を丁寧に演奏してくれた。

       DSCN0182.JPG

        DSCN0183.JPG

       DSCN0185.JPG

       DSCN0188.JPG

       DSCN0190.JPG

       DSCN0191.JPG

       DSCN0189.JPG

      DSCN0192.JPG

      韓国、朝鮮民謡の「アリラン」小学五年生の歌に相応しいと言うのか、果たして
      歌の意味、国と国との関係性をどの程度認識して歌っているのだろうか。
      もう一つの民謡トラジとは違い哀調を帯びたメロディは難しい。

      DSCN0180.JPG

      誰もが周知のこの歌「こげよマイケル」南北戦争の時代の北軍の
      奴隷たちが島を去る時歌ったスピリチュアルを込めた歌だ。
      小学5年生は、どんな思いでこの歌と対峙するのだろうか。
      
      DSCN0177.JPG

      国歌と銘打って「君が代」が教科書に掲載されていたとは驚いた。
      学校行事に招待された来賓の中には君が代斉唱、国旗掲揚には起立せず
      斉唱もしない幾人かの賓客を観ているからだ。
      ざっと眼を通しただけだが、70年も前、私の習った歌が何曲か残されていて懐かしい。

      アリランの歌口ずさむ白桔梗       ふきのとう

      季語の斡旋が良くないので意味もないのだが......
     
       
posted by ふきのとう at 14:59| Comment(4) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

企業のセール

                    銅鐸
      近くに在る大手企業のセール、娘がやって来て招待状があるからと連れて行ってくれた。
      夫の面倒は高校生の男子と小5の2人がしてくれると言う。
      衣類、家具、バック、装飾品や雑貨など販売する倉庫はごった返している。
      気分転換に良いと誘われはしたものの、残念ながら状況上、購買欲が無い。
      そこで只一つ、目に付いたのが写真のミニチュアの銅鐸だった。

      DSCN0195.JPG

      声の小さくなった夫の呼ぶ声が時に聞こえないこともあり、「そうだ、これを振ってもらおう」
      とすぐさま思った。
      左右の鰭の数も8つと縁起も良い。少し重たいかとも思ったが音色もすこぶる良く遠くまで届きそうだ。
      娘家族の誰もが「〇〇爺に相応しい」と好評だ。そして何より夫が気に入ってくれた。
      10×7cmの大きさだが、枕元に置くにはちょうど良い大きさだ。
      部活で後からやって来たもう1人の高校生と7人の夕食、久しぶりに私も通常の食事をしたのだった。

      風鐸の涼しき音に呼ばれたり       ふきのとう
      
posted by ふきのとう at 12:43| Comment(10) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする