2017年10月05日

永遠の故郷言葉

               夫と故郷を繋ぐ言葉
    5年間暮した大阪、そして夫の生ま故郷、私の生まれ故郷(今暮している)友人知人たちにも故郷がある。
    皆、故郷の言葉(国言葉)をどれほど大切に思っているだろうか。先づ私はどうであるか、
    沢山の国言葉の中で生まれ育ったはずでありながら、今では共通語を話すことの方が多い。
    ところが夫は違った。生家に於いて私以外の人と話す時、その殆どをふる里言葉で話すのだった。
    初めて夫の生家を訪ねた時のこと、花巻駅構内で、何十年ぶりに逢ったと言う知人との会話には
    共通語は一切なかった。私はこの時、生まれて初めて生の東北弁を聞いたのだった。
    只々、唖然としてタクシーを待っている時にこう言った。
    「言っておきたいことがあるんだけど、家に帰ったら共通語では喋らないからそのつもりでね」
    続けて「家のみんなが話しかけても通じないと思うから、兎も角にこにこしててよ、肝心なところは
    僕が伝えるからね」そして「どんな顔でも笑ってれば可愛いから(まま)」事実なのだから私は頷いた。
    夫の言うとおり難解な部分もあったが、それはそれとして、驚くこともなく家族の話に笑って頷いていた。
    途中、夫に(事実上は結婚前)呼ばれて振り向くと、手をこまねいている。席を立って夫言のうままに
    就いて行くと、庭の釣瓶井戸の端でこう言うのだ「ねえ、笑っててと言ったけど、にこにこし過ぎだよ
    馬鹿みたいに見えるから少し加減して」さすがの私もこれには、返事のしようもなかった。
    そして長兄には、「弟と結婚するんだからあなたも此の土地の言葉を覚えていただきたい」と言っていると
    夫から私に伝えられた。夫の父が亡くなり娘と3人で帰郷した時、父親の話し言葉に幼いながらも
    何かを感じ、私にしがみ付いて離れなかったが「お父さんはタカシなのにみんながタカスって
    いうんだもん!」と言って大泣きしたことがあったが、大きくなってからやはり父親に「花巻では
    にこにこしてなさいよ」と言はれたと言う。先日、夫の葬儀に参列してくれた甥の1人が
    「おじちゃんは偉かったよな、花巻では一切共通語を話さなかったもんね」しみじみ言った。
    やはりそう理解していてくれたのだと思うと胸が熱くなった。
    郷里以外では夫が東北出身だと感じる人は1人もいない程、訛も無く、共通語に徹していて
    大阪弁も静岡弁も聞いたことはない。ひたすら故里に畏敬の念を抱いていたに違いない。
    余談ではあるが、昭和40年時代の事であって、今の若い人たちはみな共通語で話している。
    何処の土地にも共通語に替え難い方言がある。当地にも「ひんずらしい」「ごせっぽい」
    「おひんぶる」「おんぞくたい」等々、共通語には代えられない、横綱級の方言だ。
    「言葉は国の手形」死語となってしまうようで寂しい。

DSCN0313.JPG
     
夫のアルバムから写しだしたのでぼやけてしまったが、この釣瓶井戸は
     俳句の題材として大変お世話になった。

         水汲むは雪女かも釣瓶井戸     ふきのとう
    
    
posted by ふきのとう at 07:23| Comment(4) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

大きな勘違い

              願えば叶う...(とは言うものの)
   目出度く電検合格、ここで慎重な夫に大きな勘違いと誤算が生じてしまう。
   電検で得た資格を会社に申請すると、特殊技能手当が月額5,000円付くと言うのだ。 
   昭和44年の5,000円は概算で現在の20,000円位であろうか。。
   「欲しいものをこの紙に記して手に入ったら1つづつ消していこう」と夫が言った。
   食卓の上に出された紙に書けと言うのだ。忘れもしないが私は「打ち出し鍋」と先づ書いた。
   すると夫は「おいおい5,000円だよ!希望がちいさいねぇ、指輪だって夢じゃないよ」と
   言いながら、確か夫はペンタックスのカメラ、新しい製図用具などと書いた。
   指輪など興味の無い私は台所用品の色々を書いた。そして夫の机の硝子盤の下に大切に挟んでおいた。
   待てど暮らせど希望の品物を買うことにはならなかった。奮闘努力の甲斐も無く手当は付かなかった。
   後に夫の大きな誤算であったことが判明した。何でも叶う夢と叶わない夢が現世にはあるようだ。
   とは言うものの、大金を得る出来事が起こった。社長の長男が結婚するに当たり「支度金」として
   40,000円が支給されることになったのだ。黒のダブルの背広、慶事用の白いネクタイとワイシャツ
   そして、礼装用の黒い靴、事細かに指定されていたが、靴だけ新調すれば後は整っていたので
   靴代金6,000円のみの出費で我が家は済んだ。夫は自分は何も要らないからと言って「鍋」を買てくれた。
   私を配偶者として選んだ誤算以外、最初で最後の夫の誤算だったのたった。

   DSCN0311.JPG

        刻刻と迫る納骨返り花    ふきのとう

    祭壇のある座敷から眼を外に向けると、山法師の「帰り花」が咲いていた。
    花も小さく、盛りのそれとは違い侘びた佇まいを美しいと思った。
   
posted by ふきのとう at 15:26| Comment(2) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

近づく七七忌

                  霊供膳
     今週の土曜日が夫の七七忌、夫が黄泉に発ってから46日が経つことになる。
     本来、3ヶ月をまたがない法要が最善らしいが、お世話になる寺の住職も
     「ここに生まれた方じゃないから、少しでも長くお宅にいられたらどうか」と。
     何より家が好きな夫だから二つ返事でそうすることにしたのだった。毎日の霊供膳も残り2日余りとなる。
     今朝は雨音で目が覚めたのが午前5時、ごみ出しを終えて霊供膳の用意をする。

                冬瓜のはごろも煮(私流)
     清水市にある工場の鮪のフレークだが、子供の時分から食べている味なので
     口に合う。1缶ごと使って、好みで調理すればとても美味しい。
     DSCN0308.JPG

     「いい味しているね」「はもろごさんのお蔭です」冬瓜を煮た時の何時もの会話だった。
     庭にあるちょっとした緑を添えると、とても喜んだのだった。遺作の皿に盛りつけて。

     DSCN0307.JPG

     1カップ炊いただけだが、栗おこわも美味しく出来て、その他は
     家にある有り合せの煮物、糠漬けの胡瓜など...30分位い進ぜた後に私が頂く。

     DSCN0304.JPG

      毎年2人で剥いた栗も今年は1人で剥くことと相成った。
      沢山の栗剥きをよく手伝って剥いてくれたし、何より甘党だったから
      渋皮煮の出来上がるのは楽しみにしていたのだった。今年は栗を剥く
      気力も湧かなかったが、毎年届けてくれる友人が今年も届けてくれたので少しだけ渋皮煮にした。

      DSCN0309.JPG
      
      
        雨しづか去年は二人で剥きし栗      ふきのとう
        雨の日のことに夫恋ひちちろ虫      ふきのとう
     
posted by ふきのとう at 08:25| Comment(2) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする