2018年01月24日

 夫の月命日 夫の月命日を修す

                 独り暮らしの五ヵ月
     昨日は夫の月命日、数年ぶりの寒波襲来、寒がりの夫だったから夫のいる部屋は終日
     ストーブを焚いて暖かくしていた。
     夫のいる部屋?仏壇のあるリビングのこと。私のような立場を最近では「没1」と言うらしい。
     寡婦も未亡人もそのうち死語となるだろう。私と同齢の句友はご主人を亡くしてから19年になるという。
     ご主人も夫と同齢と言われるから、おふたりとも若い時に悲しい思いをされたようだ。
     独りになって5ヶ月の私を未だまだ「ひよっこさん」そのうちきっと立ち直る日が来ると励ましてくれた。
     向こう意気ばかりが強くて意気地なしの私だから「成鶏」になるのはいつのことやら......
     成鶏になれないで、このままで終わってしまうではないかと、ふと不安もよぎる。
     夫の姪からの手紙にも<私には笑う日は来ないのではないかと思いましたが、時間は掛かっても丈夫
     きっと笑える日も来ます>とあったから、その日の来るのを信じよう。
     今朝、娘に<昨日は父の月命日、風花まじりの強風だったので墓には行かず家で修しました。
     分骨をしてくれた父に感謝してます>とメールをした。
     <分骨してあるといつまでも頭の中から離れない、踏ん切りのつかない弊害みたいなものも
     あるそうです>と返信メールがあり、追伸で<強風時外に出ない様に、転ぶと大変だから>と。
     踏ん切りがつかない...そのような人もいるだろうけれど、私は守られているような気が
     して、心強いのだからよいではないか!まてよ! 現世で大義を果たし黄泉に発った夫に
     現世に残して来た妻の責任を負わせるのは何とも理不尽な!とも思ったり......。

     DSCN1096.JPG

            独りの「昼ご飯」とはこんなもの...         
 
            風花のひと日を居間に籠りたり     ふきのとう
posted by ふきのとう at 14:01| Comment(4) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

無知は「知」のはじまり???

            昨夜調べて見ました...
     昨夜、大河ドラマを観た後に「花売り娘」について調べて見ました。
     ワタクシの思い描いていた幻想的な「花売り娘」とは少々異なりました。
     花売り娘の目的は単に花を売って、ささやかな暮らしの糧を得るというよりは
     身をひさぐことの様でした。花束を買う行為は即ち「貴女を買う」ことの暗黙の
     意思表示でもあると言うのです。アンデルセンの「マッチ売りの少女」とは対極にある
     と言えなくもありません。納豆売りや新聞配達の勤勉実直な勤労少年少女には少し
     距離のあるものと理解できました。「そんなの知ってもしょうがないだろ!」と言った彼が
     「花売り娘」をどのように解釈していたかは依然不明のままですが...。
     無知の招いた「ブログ」でしたが願わくば「知」への出発点に...とは言うものの
     「花売り娘」の真相を知るよりも「真に俳句の季語を理解する」ことが先決のようです。
     コメントを頂きました皆様、お目々よごしをお詫び申し上げます。
posted by ふきのとう at 08:47| Comment(6) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

田舎娘の想像

               ......とはこんなもの
      昨日、友人のブログ「霧の街」の風景を見ていて、面白いことを想いい出したのだった。 
      中学生だった頃の流行歌「哀愁の街に霧が降る」と言う歌が女生徒の間にも流行った。
      ご存知、佐伯孝夫、吉田正の名コンビの楽曲だ。
 
      夫が未だ彼だった頃「ねえ?東京にはお花売る女の子がいっぱいいるんでしょ?」
      と聞いて笑われた。この歌の歌詞を疑いも無く信じていたからだ。
      この他の歌にも東京には花売り娘がいると歌っているではないか、.....。  
      彼が上京したのは昭和30年であるから、その頃の流行歌のはずだ......。
      「キャバレーやクラブにはいたかもしれない」と言うのだった。実際にはキャバレーも
      クラブも知らない私は、そこに花売り娘がいるのは何故?か知りたくて、しつこく聞いて
      「そんなこと知ってもしょうがないだろ!東京にいっといで!」と簡単にあしらわれた。
      ただ、その時代「赤線」はあって、被っていた学生帽を取られた経験があると言った。
      勿論帽子は返してもらったと言ったが、本文は学生のはずの彼がそんな非安全地帯を
      何ゆえ歩いていたのかは謎のままである。

           夏みかん酸つぱしいまさら純潔など     鈴木しず子

      DSCN1024.JPG

          我が家の蹲擬きに今朝は氷が張った。

          氷張る水の密室紅つばき   ふきのとう
posted by ふきのとう at 11:13| Comment(8) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする