2018年06月29日

トマト

                   シゲコちゃんのトマト
幼馴染の「シゲコちゃん」と、言っても私より4歳年下で、専業農家の跡取りであり
大工さんだったご主人も、今は農業に従事し、主に稲作とレタス、馬鈴薯の生産者だ。
今朝「〇〇ちゃん、今忙しい?、前の畑にいるから来れたら来て」と、電話があり、早速自転車で。

DSCN1886.JPG

「自分で欲しいだけ採ってくれる?」と言って鋏を手渡された。「ええっ!そんな〜ァ...」
「いいだよっ!採って採って!」「何だか申し訳ないわね〜ェ」と言いながら、胡瓜、茄子、ピーマン
トマトを採ると、
「なんだね〜ェ!遠慮しちゃって!もっといっぱい採りりな!」
「ありがとう、私1人だからこれだけ有れば充分なの...」
「...そうだっけねッ、旦那さんトマトが好きだったじゃん、冷蔵庫に入れときゃいいじゃん!ほらっ!」
シゲコちゃんの採ったものまで、ポリ袋に沢山入れてくれた。

DSCN1885.JPG

「おとうさん、シゲコちゃんのトマト、かき玉は後で作るわね」
トマト仕立てのかき玉汁は、温かくても冷たしくてもこの季節、夫の最も好んだ献立だった。

食卓に死海の塩やトマト切る     ふきのとう

posted by ふきのとう at 09:40| Comment(12) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月27日

玉露

               静岡発...本山茶
藁科川上流に暮す知人が、御前崎に所要があったと言い、帰路に久しぶりに訪ねてくれた。
厳密には私の友人であるが、夫も旧知の間柄にあり、2年に3回の割でお目に掛かる間柄だ。
「ちょっと遅れ馳せだけど旦那さんに」といって自園自製のお茶を頂いた。
 
DSCN1888.JPG

「知ってるとは思うけど、是非、水出しで淹れて見て」と、言い残して帰られたから、昨夜、寝る前に
湯を沸かして置いた。
今朝、言われたように、ゆっくりゆっくり、湯冷ましを注いで7分、色も味も納得の玉露の冷茶だ。

DSCN1893.JPG

本来はもう少し小振りな茶碗に 少し淹れるのだが、茶葉も多めに、湯冷ましも多めに淹れたから
驚かれる向きも多いかと思うが...ワタクシ流儀にご勘弁いただきたい。
「牛渕の〇〇さんの玉露、昨日いただいたの、水出しにしてみました。それから秋海棠の初花です!」
と、語り掛けたら「羊羹はないの?」って、遺影が言ったから「ありますとも!」と言って私が食べた。
目覚めの玉露の水出し、何とも美味しい事!〇〇さんどうもありがとうございました。

秋海棠くぐりくる風桃色に      ふきのとう

DSCN1895.JPG
posted by ふきのとう at 10:11| Comment(8) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月24日

独り(1人)暮しの...公共料金

                   ガス、電気、水道料金
独り暮しになって10か月、そして1年の中間点、暮らしの中の公共料金どれほど支払っているか。
家計の主権は亡くなる日まで夫にあった。月々渡される家計費の使途は、主に食費、家庭の中の必需品、
衛生費、外食に掛かる費用であり、交際費などは別途であった。
いわゆる、公共料金の支払いも夫がしていてくれたから、その後、丸投げ状態にはうろたえたて、今日に至る。
夫の生家でも同様に、義兄がすべて賄っていたようだ。だからと言って、この件に関しての不満は私に無い。
給料、退職金も夫が言わないから、私も敢えて聞かずにいたから、夫が私を置いて黄泉に行ってしまうことなど
考えもしない、阿呆な女房だったと、今は思う。

DSCN1870.JPG

DSCN1871.JPG

DSCN1872.JPG

上からガス、電気、水道料金だ。
電気料金に於いては、昨年夫のためにエアコンを設置したため15A〜20Aに契約電力料を上げたが
点す電灯は1人も2人も変わらない。
この他に、電話代とパソコン使用量、電話回線込みで約4,000円+電気代、携帯電話料金は嫁が払ってくれる。
固定電話料金は、ほとんどの月が基本料金のみであり、水道料は基本料金内だが、自家水道を併用している
からだろ。従って電気料金の中に水道のモーターの稼働料金も含まれていて、台所と風呂は、LPガスを使用。
独り暮らしも2人暮らしも、公共料金は大幅には変わらないし、独りになったからと言って私自身の生活スタイル
に変化はない。

過日見舞ってくれた姪がベランダから、庭を見ながら言った言葉があまりに印象深く、思わず涙が出た。
「相変わらず好い風が入って...変わったことと言えば叔父さんが居ないことだけね...。」

      折あらば夫降りて来よ青田風      ふきのとう

posted by ふきのとう at 11:59| Comment(10) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする