2017年04月07日

今年また

               時期を同じく
       昨年もこの時期に頂いた卵、久しぶりに逢う友人のお土産だ。
     
       DSCF3679.JPG

       DSCF3680.JPG

       DSCF3689.JPG

       卵にはとても苦い思い出がある。結婚して新生活のスタートは大阪であった。
       それまで「食」と「住」は親の庇護に在り、のほほんと暮らしていたのだが
       いきなり放り出された23歳、と言っても充分大人の年齢のはずなのだが
       暮していくことの難しさを嫌と言う程味わったのだった。
       料理教室で習った料理ばかりをしていたら、あっという間に家計費が底をつき
       自身の手持ちの僅かなお金も底をつく羽目となった。
       特に卵の減り方の脅威を目の当たりにして、反射的に卵を食べることを私のみ控えた。
       それまで養鶏を生業にしていた兄夫婦のお蔭で、卵はただ同然と思って食べていた。
       勿論売り物には出来ない破卵や規格外の物を食べるのだったが、買って食べる経験はなかった。
       私が食べなければ1ケースの卵が数日はもつこと、そして私は「卵嫌い」?なった。
       その経験の反動とでも言おうか、その後、卵を過分に買うようになり、元より嫌いではない
       卵だから良く食べるし、卵入れを満杯にしておかないと気が済まない習性が身に付き、今に至る。
       原則5月までは冷蔵庫には入れないのも私の卵への執着だ。

       キッチンに卵が孵りそうな夏      ふきのとう

       1つの卵がひよことなり、やがて成鶏となって沢山の卵を産む
       その源の卵なのだから食べればパワーが湧くに違いない、と言う
       極めて原始的な発想が、卵を愛してやまない私の持論でもある。
posted by ふきのとう at 09:27| Comment(8) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

思はぬ広さの

                布団干場
     以前は南側の庭に物干し場を設けていたのだが、数年前リハビリもかねて2階に変更したのだった。
     ただ蒲団だけは元々2階のベランダの手摺に干していたのだが、体力や脚に確かな自信もなくなり
     布団を2階まで運ぶことが大変になって、運ぶ時の手間も掛かるようになった来た。
     布団干場を庭に欲しいと思い、簡易で良いから作ってもらいたいことを息子に相談してあった。
     一昨日電話があり「今日しかないので」という事で、あきる野市から急遽家族で来てくれた。

     DSCF3673.JPG

     DSCF3670.JPG

     凡そ、3.3uの広さの物干し台が出来あがった。
     私の頭の中では両側に杭を打ち、棹を渡すだけのもので、利用しない時は棹を外しておく
     簡易な物干しを考えていたし、そう伝えておいたので出来上がった物干し場を見てびっくり!
     椅子と小さなテーブルぐらいは置ける広さがあるる。  
     資材は組立てるだけにして来てくれたから思いがけず短時間で出来上がったのだった。
     その分庭も狭くなりはしたが、布団干しも楽になる違いない。
     ただ、今日は花曇り、蒲団を干すには適さない空模様だ。

          二組の嫁入り道具なる布団     ふきのとう

     脚の運動の為にも布団以外は今まで通り2階のベランダに干すことに。
     そのうちそれも叶わなくなる日も来ることであろうけれど。

        
        
    
        
posted by ふきのとう at 10:06| Comment(8) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

満開好いけれど

                  花三分

       
       満開の桜も美しいが、目を凝らしてみるには三分咲きから五分咲きが好い。
       以前にも紹介した茶房「椿」の桜に逢いに出かけた。
       私の好みの三分咲きであった。満開よりも凛として美しいと思う。
       満開のさくらは一目見て「ああ、桜」と思い、三分から五分咲きの桜には
       一房の在り方を目を凝らしてじっくり見るからだ。

       DSCF3646.JPG

               今日の玄関の設え
       DSCF3648.JPG   

       DSCF3667.JPG

       DSCF3658.JPG

       DSCF3663.JPG

       桜大樹が2階のベランダに枝を広げ咲き始めていた。

       2階でのランチも可能だが、足に自信のない夫が階下で食事をすると言うので
       食後の珈琲だけは1人、2階で楽しんだ。近くの公園の丘に咲く山桜も見え
       三分咲きの花を頭上に、誰にも邪魔されることなく贅沢なひと時となった。
       淡墨桜と聞くので、散り際の薄墨色にも是非お目に掛かりたいものだ。

       無心とも在らねどひとり花下に座し     ふきのとう

       数年前の大病から「桜」は節目の花となり、それまでの桜に対する気持ちの
       置き方は私の心の中では「観る花」ではなく「逢える花」となった。
  
posted by ふきのとう at 16:01| Comment(8) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする